ダニエル書11-12章ーー思慮深い人

多分、聖書を信じない人にとって、この箇所は一番信じられない箇所です。なぜなら、この預言は本当に具体的だし、結局全部成就されました。つまり、ダニエルはペルシアの帝国とギリシャの帝国の将来について話しています。

最初に、クロスの王の後の次の3人のペルシャの王について話します。それは、カンビュセス2世とガウマタとダリヨスです(ダニエル書のダリヨスではなく、エズラ記のダリヨス(エズラ6章))。ダリヨス記きのアハシュエロスです。)アハシュエロスは他のペルシャの王よりも金持ちでした。なぜなら、たくさんの税金を受けたし、たくさんの国を征服したから。そして、彼はギリシャを攻撃して、最初に成功したけど、結局彼の海軍は打ち負かされた。そのあとで、彼の軍隊もプラタイアの戦いで、打ち負かされた。(11:2)

そのあとで、ギリシャで、アレキサンダー大王(つまり、アレクサンドロス3世)は王になりました。でも、彼が死んだあとで、その帝国は4つに分かれました。でも、アレキサンダの子孫が支配していたのではありませんでした。むしろ、アレキサンダーの4人の将軍がそれらを治めました。(11:3-4)

そして、ダニエルは具体的に、ギリシャで何が起こるか預言します。彼は、プトレマイオスIとアンティオコスIIの時代から、プトレマイオスXIIとアンティオコスIVの時代まで預言します。(11:5-34)

多分、良い歴史の本を読めば、どうやって、その預言が成就されたか分かるようになります。もしくは、ウィキペディアでも、良い情報があるかもしれない。

でも、ダニエル書11:36から最後まで、ダニエルは終わりの日、また反キリストについて預言します。反キリストは他の神々を礼拝せずに、「すべてにまさって自分を大きいものとする。」(11:37)

多分、その彼は「私は神です」と言うかもしれない。

また、彼は「砦の神」をあがめます。つまり、彼は力の神、または、戦争の神をあがめまることです。その人は力を愛して、戦争を始めるという意味です。そして、イエス様が来るまで、反キリストは支配します。

その時代、いろんなトラブルが起こります。でも、神様が自分の民を救い出して、終わりの日のよみがえりの時に、神様を愛している人はよみがって永遠に生きます。しかし、神様を憎んで逆らう人はそしりと永遠の忌みに目を覚まします。(12:1-3)

私たちは何を学ぶことができますか。

ダニエル11:33-35で、アンティオコスIVとマカバイ戦争について書いてあります。その時、ユダヤ人は迫害されました。でも、ダニエルはそのユダヤ人についてこう書きました。

民の中の思慮深い人たちは、多くの人を悟らせる。彼らは、長い間、剣にかかり、火に焼かれ、とりことなり、かすめ奪われて倒れる。彼らが倒れるとき、彼らへの助けは少ないが、多くの人は、巧言を使って思慮深い人につく。思慮深い人のうちのある者は、終わりの時までに彼らを練り、清め、白くするために倒れるが、それは、定めの時がまだ来ないからである。(11:33-35)

神様は自分の民が決して苦しまないと約束しなかった。むしろ、思慮深い人たちが周りの人々に神様の方法を教えるのに、「彼らは、長い間、剣にかかり、火に焼かれ、とりことなり、かすめ奪われて倒れる。」

しかし、その苦しみの中に、神様の計画があります。つまり、その試練によって、「彼らを練り、清め、白くする。」

そして、12章によれば、彼らは苦難の時間から救い出されて、よみがえります。その時、

思慮深い人々は大空の輝きのように輝き、多くの者を義とした者は、世々限りなく、星のようになる。(12:3)

そして、ダニエルはこう書きました。

多くの者は、身を清め、白くし、こうして練られる。悪者どもは悪を行ない、ひとりも悟る者がいない。しかし、思慮深い人々は悟る。(12:10)

そして、天使はダニエルにこう言いました。

あなたは終わりまで歩み、休みに入れ。あなたは時の終わりに、あなたの割り当ての地に立つ。(13)

この箇所を読む時、希望があります。戦争が起こります。将来にいろんなトラブルと試練が起こります。でも、それらを通して、神様は私たちを清め、白くし、練ります。そして、終わりの日のよみがえりで、私たちを救い出した方の前で、私たちは星のように輝きます。

だから、私たちが思慮深い人になるように。毎日神様を求めましょう。周りの人々を神様の所に導きましょう。そうすれば、ダニエルのように、私たちは休んで、よみがえって、私たちの割り当ての地に立ちます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ダニエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中