エズラ記3章ーー喜びと後悔

この箇所では、いくつかのことを見ます。

一つ目は、ユダヤ人たちがもう一度いけにえと捧げものを捧げ始めたということです。また何年かぶりに、彼らは仮庵の祭りを祝いました。

二つ目は、彼らが主の宮を再建し始めまたという事です。そして、神殿の礎を据えたとき、彼らは大喜びでした。

11節で、こう書いてあります。

そして、彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに」と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。(11)

でも、同時に、泣いている人もいて、その涙は喜びのためではなかった。

しかし、祭司、レビ人、一族のかしらたちのうち、最初の宮を見たことのある多くの老人たちは、彼らの目の前でこの宮の基が据えられたとき、大声をあげて泣いた。一方、ほかの多くの人々は喜びにあふれて声を張り上げた。そのため、だれも喜びの叫び声と民の泣き声とを区別することができなかった。民が大声をあげて喜び叫んだので、その声は遠い所まで聞こえた。(12-13)

どうして彼らは泣いていたのでしょうか。多分、彼らにはほろ苦い思いがあったのだと思います。彼らは愛している宮の再建を見て、喜びました。しかし、ソロモンの宮と比べると、その新しい宮には栄光がなかったのです。

時々、私たちの悪い決断によって、私たちの人生はめちゃくちゃになります。つまり、私たちの罪によって、私たちの結婚や、健康や、家計を壊します。

そして、私たちが悔い改めると、神様は私たちを赦して下さいます。また少しずつ、神様は私たちの人生を癒し始めます。その癒しによって、私たちは喜びます。

でも同時に、私たちは振り返って、後悔します。私たちが人生の被害を見て、だんだん私たちの関係や、私たちの人生は癒されているけど、そのプロセスは苦しいです。そして、私たちが再建するものは以前のものほど、あまり良くないと思います。

でも、あなたの後悔によって、圧倒させられないように。私たちが悔い改めると、神様は私たちが自分の失敗とその結果に焦点を当てるように望みません。むしろ、私たちが神様の赦しと恵みに休んで、未来に焦点を当てるように望みます。そうすれば、神様は私たちのすべての涙をすっかりぬぐい取ってくださるし、神様の栄光は私たちを通してもう一度輝き始めます。

パウロの言葉を思い出してください。

神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせます。。。(第二コリント7:10)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エズラ記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

エズラ記3章ーー喜びと後悔 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ハガイ書2章1-9節ーー私たちの栄光がどこから来るか | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中