ダニエル書9章20-27節ーーメシヤが来られること、反キリストが来ること

この箇所は、本当に素晴らしい預言です。

以前、私は他のダニエル書の預言について話しました。つまり、バビロン帝国とペルシャ帝国とギリシャ帝国とローマ帝国についての預言です。多くの人々はその預言を見て、信じられないです。彼らは「その預言はきっと本物の預言ではない。その事が起こった後に、誰かがダニエルの名前を使って、この預言を書いたのだろう。」と言います。

彼らは超自然なことを全然信じずに、そんなことを言います。

しかし、この9章の箇所はその考え方を吹き飛ばすと思います。なぜなら、この箇所はイエス様の人生と働き、またエルサレムの没落を預言するけど、旧約聖書の全体は紀元前3-1年まで、ギリシャ語に翻訳されましたから。つまり、エルサレムの没落の後、誰もダニエル書を編集できなかった。

神様はダニエルにこう言いました。

あなたの民とあなたの聖なる都(つまり、エルサレム)については、七十週が定められている。(9:24)

その「70週」というのは70の7年期間です。その間に、

  • 神様はそむきをやめさせる。
  • 神様は罪を終わらせる。
  • 神様は咎を贖います。
  • 神様は永遠の義をもたらします。
  • 神様は幻と預言とを確証します。
  • 神様は至聖所(つまり、主の宮)に油をそそぎます。

いつその7週が始まるか、聖書学者は議論します。多分、その始まりは、エズラ記7章で書いてある事件からです。その時、ペルシヤの王アルタシャスタは祭司エズラに主の宮を立て直して、飾るように命令しました。その個所の焦点は、宮を立て直すことだけど、エズラ9:9によれば、多分イスラエル人にはエルサレムの城壁を立て直す許可もありました。だから、そのあとで、ネヘミヤはその城壁がまだ崩れていることを聞いた時、本当にがっかりしました。

とにかく、この預言によれば、最初の7年期間で、苦しみの時代にエルサレムは立て直さると書いてあります。(25)

エズラとネヘミヤの時代、それはそうでした。彼らは主の宮とエルサレムの城壁を立て直そうと思ったけど、たくさんの反対に直面しました。それだけではなく、エステルの時代、誰かが全てのユダヤ人を殺そうと計画しました。(エステル記を読んでください。)

そのときから、62の7年期間(つまり、434年間)を数えたら、それは、紀元27年ぐらいです。その時、「油そそがれた者」は現れた。私たちは、いつもイエス・キリストと言うけど、キリストは名前ではないです。キリストというのは、「油そそがれた者]という意味です。だから、この箇所はイエス様についてです。そして、紀元27年ぐらい、イエス様は自分のミニストリーを始めました。

その62の7年期間の後で、油そそがれた者(つまり、イエス・キリスト)は断たれました。直訳すると、キリストは殺された。また、「彼には何も残らない」と書いてあります。多分その意味は、彼の弟子たちはキリストを捨てたという意味です。」

その時、イエス様の十字架で、私たちの罪をあがないました。そのあとで、紀元70で、エルサレムと主の宮は滅びました。(26)

最後の7年期間は、将来のことです。その時、反キリストが来ます。その時、彼は多くの者(つまり、ユダヤ人)と契約を結びますけど、半週の間、彼はその契約を破り、ユダヤ人のいけにえとささげ物とをやめさせます。でも、結局反キリストは倒れて、その時、神様は罪を終わらせて、永遠の義をもたらします。そして、新しい宮に油を注がれるし(多分それはエゼキエル40-44章の宮)、この預言はすべて成就されます。

この箇所には、たくさんの預言があります。でも、大切なのは、神様は未来のことををコントロールすることです。もし、神様が帝国の立つこととその帝国の没落と、またイエス様の来ることとエルサレムの没落を預言できたら、私たちは反キリストと将来の神の国についての預言も信じることができると思います。

だから、将来が大変なことになっても、心配しすぎないでください。神様はすべてをコントロールして、神様のすべての約束したことは成就されますから。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ダニエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

ダニエル書9章20-27節ーーメシヤが来られること、反キリストが来ること への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マタイ2章ーー王の到着のため、恐れ惑うこと | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中