ダニエル書5章–数えられて、量れた

2章と3章と8章では、ダニエルはバビロンの没落を預言しました。この箇所では、その預言が成就されました。メディヤ・ペルシャの軍隊にバビロンは包囲されたけど、ベルシャツァル王は盛大なパーティーを開いていました。どうしてでしょうか。彼らの防御が強くて、その軍隊がきっと入らないと思ったから。

でも、そのメディア・ペルシャの軍隊はバビロンに流れるユーフラテス川をそらせたので、川の門に入ることができました。

ベルシャツァルはそのことを全然知らなかったので、彼は食べたり、飲んだり、自分の神々を賛美したりしました。それだけではなく、自分のプライドによって、彼は、その神々を賛美するとき、主の宮から取って来た金の器を使いました。

でも、突然、ベルシャツァルは不思議なことを見ました。

すると突然、人間の手の指が現われ、王の宮殿の塗り壁の、燭台の向こう側の所に物を書いた。(5)

それを見て彼は怖がったので、呪文師、カルデヤ人、星占いたちを連れて来させた。でも、彼らはその言葉の意味が分かりませんでした。そして、ベルシャツァルの母がその騒ぎを聞くと、ベルシャツァルにこう言った。

おびえてはいけません。顔色を変えてはなりません。あなたの王国には、聖なる神の霊の宿るひとりの人がいます。あなたの父上の時代、彼のうちに、光と理解力と神々の知恵のような知恵のあることがわかりました。ネブカデネザル王、あなたの父上、王は、彼を呪法師、呪文師、カルデヤ人、星占いたちの長とされました。王がベルテシャツァルと名づけたダニエルのうちに、すぐれた霊と、知識と、夢を解き明かし、なぞを解き、難問を解く理解力のあることがわかりましたから、今、ダニエルを召してください。そうすれば、彼がその解き明かしをいたしましょう。(10-12)

ダニエルが来ると、ベルシャツァルは彼に言った。

今、もしあなたが、その文字を読み、その解き明かしを私に知らせることができたなら、あなたに紫の衣を着せ、首に金の鎖をかけさせ、国の第三の権力を持たせよう。(16)

ダニエルはその提案を断ったけど、その文字の意味を説明しました。まず、ダニエルはネブカデネザルの話を伝えました。つまり、神様は彼を立てたけど、ネブカデネザルが神様の主権を認めるまで、神様は彼を低くしました。

そして、ダニエルは言った。

その子であるベルシャツァル。あなたはこれらの事をすべて知っていながら、心を低くしませんでした。それどころか、天の主に向かって高ぶり、主の宮の器をあなたの前に持って来させて、あなたも貴人たちもあなたの妻もそばめたちも、それを使ってぶどう酒を飲みました。あなたは、見ることも、聞くことも、知ることもできない銀、金、青銅、鉄、木、石の神々を賛美しましたが、あなたの息と、あなたのすべての道をその手に握っておられる神をほめたたえませんでした。(22-23)

そして、ダニエルはその文字を説明しました。

『メネ』(つまり、数えられたという意味です)とは、神があなたの治世を数えて終わらせられたということです。

『テケル』(つまり、量れたという意味です)とは、あなたがはかりで量られて、目方の足りないことがわかったということです。

『パルシン』(つまり、分割されたという意味です)とは、あなたの国が分割され、メディヤとペルシヤとに与えられるということです。」(26-28)

その晩、ベルシャツァルの治世は終わりました。ベルシャツァルは自分の約束を守ったけど、ダニエルの新しい立場は数時間だけ続きました。

私たちは何を学ぶことができるでしょうか。

ベルシャツァルの日のように、私たちの日は数えられました。私たちはちょっとだけこの世に住みます。そのあとで、私たちの人生は量れます。私たちの行動のため神様は私たちを裁きます。もし、私たちの目方が足りないと、私たちは全てを失います。

つまり、もし、ベルシャツァルのように、あなたが自分の心を神様の前に低くせずに、神様に栄誉を与えず、イエス様とその十字架の働きを拒絶したら、あなたは永遠に裁かれます。

ヨハネはこう書きました。

神を信じない者は、神を偽り者とするのです。神が御子についてあかしされたことを信じないからですそのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。(第一ヨハネ5:10-12)

あなたはもうクリスチャンになったでしょうか。神様はあなたの行動のためにも裁きます。私たちは自分自身のために生きずに、神様の御国のために生きるべきです。だから、パウロはこう言いました。

そして、ほかの人がその上に家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現われ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。(第一コリント3:10-15)

だから、モーセのように祈りましょう。

私たちの齢は七十年。健やかであっても八十年。しかも、その誇りとするところは労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。。。それゆえ、私たちに自分の日を正しく数えることを教えてください。そうして私たちに知恵の心を得させてください。(詩編90:10,12)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ダニエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中