ダニエル書7章ーーすべてを治める神

ダニエル書は年代順に書かれていないので、とりあえず5-6章をスキップします。ダニエルがこの箇所を書いた時、ベルシャツァルはバビロンの王でした。(実は、ベルシャツァルはその父ナボニドスと一緒にバビロンを治めたけど、その時、ナボニドスはテイマという所に住んでいて、ベルシャツァルはバビロンを管理する責任がありました。)

その時、ダニエルは幻を見ました。その幻はネブカデネザルの夢に似ていました。(ダニエル2章)

ダニエルは四頭の大きな獣を見ました。その四頭の獣は四つの王国を表しました。

鷲の翼をつけていた獅子はバビロンを表しました。ダニエルはこう書いた。

見ていると、その翼は抜き取られ、地から起こされ、人間のように二本の足で立たされて、人間の心が与えられた。(4)

その話はネブカデネザルについてです。もう私たちは4章でその話を読んだけど、ネブカデネザルは理性を失い、そのあとで、神様は彼の正気を返してくださいました。

熊はメディアペルシャ帝国を表しました。ダニエルはこう書いた。

その獣は横ざまに寝ていて、その口のきばの間には三本の肋骨があった。(5)

横ざまに寝ているというのは、ペルシャがメディアよりも強いことを表しました。そして、その三本の肋骨はメディア・ペルシャ帝国に征服された国です。つまり、バビロン、ギリシア、とエジプトという事です。

次の獣はヒョウでした。ダニエルはこう書いた。

その背には四つの鳥の翼があり、その獣には四つの頭があった。そしてそれに主権が与えられた。(7)

そのヒョウはギリシャを表ていました。アレキサンダー大王はすぐに世界を征服しました。でも、彼が死んだあと、彼の四人の将軍は(幻では、四つの頭)、支配し始めました。

最後の獣はローマ帝国を表した。第二エルはこう書いた。

その後また、私が夜の幻を見ていると、突然、第四の獣が現われた。それは恐ろしく、ものすごく、非常に強くて、大きな鉄のきばを持っており、食らって、かみ砕いて、その残りを足で踏みつけた。これは前に現われたすべての獣と異なり、十本の角を持っていた。私がその角を注意して見ていると、その間から、もう一本の小さな角が出て来たが、その角のために、初めの角のうち三本が引き抜かれた。よく見ると、この角には、人間の目のような目があり、大きなことを語る口があった。(7-8)

その十本の角というのは、多分古いローマ帝国(つまり、現代のヨロッパ)からの将来の支配者という事です。でももう一人の支配者は他の支配者よりも高い立場を取ります。その支配者は、神様に逆らうことばを吐き、神様の民を迫害します。(20-25)

その人はきっと反キリストです。(第一ヨハネ2:18)

でも、神様はその反キリストを裁きます。その時、

人の子のような方が天の雲に乗って来られ、年を経た方のもとに進み、その前に導かれた。この方に、主権と光栄と国が与えられ、諸民、諸国、諸国語の者たちがことごとく、彼に仕えることになった。その主権は永遠の主権で、過ぎ去ることがなく、その国は滅びることがない。(13-14)

つまり、イエス様がこの世に戻ると、神様の国が来て、イエス様は永遠に支配します。

聖書の学者の中で、そのイベントのタイミングについてたくさんの議論があります。私にも自分の考えがあるけど、結局神様だけがそのタイミングを知っているので、神様の手に委ねます。

だから、いつイエス様が帰るか私はあまり考えません。大切なのは、イエス様が帰る時、私がちゃんと準備をしていることです。反キリストが来る前に、私は天国に行きたいですが、もし私がまだこの世にいるなら、パウロの言葉を思い出します。

あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。(第一コリント13:10)

でも、一番大切なのは、結局神様が全てを治めるということです。世の状態がどんなに大変になっても、神様がすべてをコントロールしているので、私たちは希望があります。神様は王を廃し、王を立てます。(2:21)

神様はネブカデネザルと、クロス王と、アレキサンダー大王と、シーザーを立てたし、神様のタイミングで彼らを廃しました。

そして、反キリストが来る時、すべては大変になるけど、結局神様は彼も廃します。そして、神様は永遠にこの世を治めます。

だから、この世の状況を見て、心配したら、イエス様の言葉を思い出してください。

あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。(ヨハネ14:1)

また、

わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。(ヨハネ16:33)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ダニエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中