列王記第二25章27-37節;エレミヤ書52章31-34節ーー恵み

今日、エレミヤ書と列王記を終えます。この話はエホヤキン王についてです。彼は、ユダの最後から二番目の王でした。彼は3か月だけユダを治めました。その後で、彼はネブカデネザルにバビロンに追放されました。でも、それはエホヤキンの話の終わりじゃないです。

ユダの王エホヤキンが捕らえ移されて三十七年目の第十二の月の二十五日に、バビロンの王エビル・メロダクは、彼が即位した年のうちに、ユダの王エホヤキンを釈放し、獄屋から出し、彼に優しいことばをかけ、彼の位をバビロンで彼とともにいた王たちの位よりも高くした。彼は囚人の服を着替え、その一生の間、いつも王の前で食事をした。彼の生活費は、死ぬ日までその一生の間、日々の分をいつもバビロンの王から支給されていた。(エレミヤ書52:31-34)

どうして、神様は私たちにこの話を伝えたでしょうか。どうして、突然バビロンの王はエホヤキンに親切にしたでしょうか。聖書では、その理由が全然書いてありません。

しかし、ユダヤ教の伝統によれば、エホヤキンは、バビロンで悔い改めたので、神様はネブカデネザルの息子(エビル・メロダク)の心に働いて、彼がエホヤキンに親切にし始めました。

その伝統が本当かどうか分かりません。でも、多分、この話は神様の恵みの絵です。この話を読む時、私は神様が私たちのために何をしたか思い出します。

エホヤキンがバビロンの王のために全然何もしなかったのに、その王は、彼を自由にしたり、優しい言葉をかけたり、新しい着物を与えたり、彼と一緒に食べたり、彼の位を高くしたりしました。

神様は私たちのために同じことをしてくださいました。私たちが神様のために何もしなかったのに、神様の恵みと憐れみによって、神様は私たちを救いました。神様は私たちの罪を赦したり、その罪と死の鎖を解いたり、私たちに優しい言葉をかけたり、キリストの身を着せたりしました。そして、いつか私たちは神様の食卓で食べて、栄誉の冠を被ります。

それは恵みです。

興味深いことは、第12の月の25日にエホヤキンの許しは公表されたという事です。(多分わずか2日後に、彼は牢から解放されました。(列王記第二25:27))

私は真剣に言わないけど、神様は将来のカレンダーを知っていて、また、人々がイエス様の誕生日を12月25日に祝うことを知っていたので、エホヤキンの許しは、私たちの許しの絵かもしれない。メリークリスマス、エホヤキンさん!!!!

。。。多分そうではない。このことは無視してください。🙂

とにかく、大切なのは、私たちの人生の全ては、ただ神様の恵みから来ることです。

天のお父様、私があなたの恵みに値しないのに、あなたが私を赦し、自由にしたし、あなたの子の身を私に着せてくださり、感謝します。イエス様の十字架の働きによって、いつか私があなたの食卓で食べて、栄誉の冠を被ることを、感謝します。あなたの恵みを感謝します。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 列王記第二, 大預言書, 旧約聖書, 歴史書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中