ダニエル書4章ーー主権である神

今日はダニエル書に戻って、ネブカデネザルの話を終えます。この有名な話によれば、ネブカデネザルは自分の理性を失いました。彼は7年ぐらい牛のように生きました。彼の理性がやっと戻どると、彼は神様が主権である方だと認めました。

この話の最初に、ネブカデネザルは神様を賛美します。彼はこう言いました。

そのしるしのなんと偉大なことよ。その奇蹟のなんと力強いことよ。その国は永遠にわたる国、その主権は代々限りなく続く。(3)

その言葉はこの箇所のテーマです。ネブカデネザルは、振り返って、自分の話を伝えます。

私、ネブカデネザルが私の家で気楽にしており、私の宮殿で栄えていた。。。(4)

でも、ある日、彼は怖い夢を見ました。彼は大きい木を見ました。その木の葉は美しくかったし、その実は豊かだったし、動物を保護したし、食べ物を備えました。でも、天使が来て宣言しました。

その木を切り倒し、枝を切り払え。その葉を振り落とし、実を投げ散らせ。獣をその下から、鳥をその枝から追い払え。ただし、その根株を地に残し、これに鉄と青銅の鎖をかけて、野の若草の中に置き、天の露にぬれさせて、地の草を獣と分け合うようにせよ。その心を、人間の心から変えて、獣の心をそれに与え、七つの時をその上に過ごさせよ。この宣言は見張りの者たちの布告によるもの、この決定は聖なる者たちの命令によるものだ。それは、いと高き方が人間の国を支配し、これをみこころにかなう者に与え、また人間の中の最もへりくだった者をその上に立てることを、生ける者が知るためである。(14-17)

ダニエルの反応は本当に興味深いです。それは情け深い反応でした。ダニエルはエレミヤの言葉を思い出したかもしれない。

わたしがあなたがたを引いて行ったその町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。そこの繁栄は、あなたがたの繁栄になるのだから。(29:7)

ネブカデネザルはダニエルが愛している国を滅ぼしたのに、ダニエルは彼の最善を望みました。

ダニエルはネブカデネザルにこう言いました。「この夢はあなたについてです。あなたは神様の主権を認めないと、あなたは裁かれます。あなたではなく、神様は主権である方です。だから、悔い改めてください。そうすると、神様の裁きは来ないかもしれない。」

神様は人々を裁く前に、いつも悔い改めるチャンスを与えます。ネブカデネザルにもそのチャンスを与えました。神様は1年間ぐらい待ちました。でもネブカデネザルの態度は全然変わりませんでした。そして、ある日彼は、宮殿の屋根にいて、自分の栄光を浴びました。彼は言った。

この大バビロンは、私の権力によって、王の家とするために、また、私の威光を輝かすために、私が建てたものではないか。(30)

その時、神様はネブカデネザルを裁きました。彼は7年間ぐらい獣のようになりました。いつそれが起こったか誰も知りません。しかし、紀元前582-575、ネブカデネザルの活動についての記録は全くありません。

7年の終わりで、ネブカデネザルは、自分の目を上げて天を見ました。その時、彼は正気にかえりました。だから、彼は神様をほめたたえました。彼は言いました。

その主権は永遠の主権。その国は代々限りなく続く。地に住むものはみな、無きものとみなされる。彼は、天の軍勢も、地に住むものも、みこころのままにあしらう。御手を差し押さえて、「あなたは何をされるのか」と言う者もいない。。。そのみわざはことごとく真実であり、その道は正義である。また、高ぶって歩む者をへりくだった者とされる。(34-35,37)

私たちは何を学ぶことができるでしょうか。神様は主権である方です。あなたはそうではないです。

私たちの日常生活において、その真理は大切でしょうか。もちろんそうです。

例えば、あなたには権威を持つ立場があるでしょうか。会社であなたは上司でしょうか。また、家で、あなたは親でしょうか。あなたは権威を持つかもしれないけど、その権威がどこから来たか思い出してください。あなたは神様の権威のしたにあります。そして、神様はあなたがどうやってその権威を使ったか裁きます。あなたが人々を踏みつけるために、神様はその権威をあなたに与えなかった。むしろ、あなたがその人々に仕えるためにその権威を与えました。

イエス様は私たちの例です。神様として、イエス様は全ての権威を持っていました。しかし、治めるために来なかった。彼は仕えるために来ました。(マルコ10:45)

そのように、あなたは妻や、子供や、従業員に仕えるべきです。それは本当のリーダーシップです。

もう一つのことについて考えてください。あなたが自分の会社のリーダー、家族のリーダー、また政府のリーダーについて心配したら、神様が主権である方を思い出してください。私たちは神様の理由が理解できないかもしれないけど、神様はその権威を彼らに与えました。だからダニエルのように、私たちは彼らの最善を求め、彼らのために祈るべきです。彼らが悪いリーダーでも、私たちはそうするべきです。彼らが倒れると喜ばずに、彼らの悔い改めと癒しのために祈るべきです。なぜなら、私たちのリーダーたちが神様に従うと、彼らは栄えるし、私たちも栄えるから。

あなたはどうですか。神様の主権を認めるでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ダニエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中