エゼキエル書47-48章ーー新しい遺産

今日、エゼキエルの最後の箇所を読みます。

この箇所では、神様はイスラエルの新しい遺産について話します。実は、それは新たな遺産です。神様はイスラエル人を先祖の土地に連れていくことを約束したけど、その時、遺産に変化があります。つまり、その土地の分裂は変わります。

ヨシュアの時代に、その土地は等しく分裂されなかった。それぞれの部族の人口によって分裂されました。(申命記26:52-54)

例えば、イッサカルとゼブルンは小さい遺産をもらったけど、ユダとマナセは大きい遺産をもらいました。でも、新しい遺産は等分されます。(エゼキエル47:14)

さらに、古い遺産によって、ダンとマナセとガドは、他のイスラエル人から離れて、また神様が約束した土地から離れて、ヨルダン川の向こうに住んでいました。しかし、新しいの遺産によって、すべての部族は神様が約束した土地に住みます。

最後に、外国人が彼らの中に住みたいなら、彼らも遺産をもらいます。

この箇所から、いくつかのことを学ぶことができると思います。

一つ目は、神様の国では、私たち皆は等しい遺産をもらうということです。私たちの行動や国籍によって、その遺産をもらうのではありません。むしろ、その救いの遺産は神様の恵みによって与えられます。そして、ユダヤ人でも、異邦人でもその遺産を受け取ることができます。

パウロはこう書きました。

そこには、ギリシヤ人とユダヤ人、割礼の有無、未開人、スクテヤ人、奴隷と自由人というような区別はありません。キリストがすべてであり、すべてのうちにおられるのです。(コロサイ3:11)

二つ目は、神様の国では、私たちは次善の物を相続しないという事です。ヨシュアの時代、ダンとマナセガドは次善の土地をもらいました。でも、神様は私たちが次善の物をもらうことを望みません。私たちが最善の物をもらうことを望みます。

三つ目は、私たちの本当の遺産は天国じゃないということです。私たちの本当の遺産は神様です。イスラエルの新しい遺産で、神様の地域は他の部族の地域の真ん中です。そして、神様は新しいエルサレムが「主はここにおられる」と呼ばれると言いました。

クリスチャンの生活の一番最高のことは、神様自身が私たちと共にいるし、私たちの心にいることです。ダビデはこう書いた。

主は、私へのゆずりの地所、また私へ[祝福」の杯です。(詩編16:5)

主よ。あなたが私の遺産で感謝します。あなたの恵みによって私を救ってくださり、感謝します。それだけではなくて、あなたは私の心に住んで、あなたは私を決して捨てない。あなたは私の次善ではなく、私の最善を望んでくれるので感謝します。毎日私と共に歩んでください。私の神になってください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エゼキエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中