エゼキエル書45-46–神様に心を捧げること

この箇所では、神様はイスラエル人の帰国について話します。それは、まだまだ先のことだったけど、彼らが帰る時のため、神様はいろんな命令を与えました。その大部分は、神様が何百年も前にモーセに伝えた命令の繰り返しです。43-44章は特にそうです。

でも、一つの箇所は特に私の心を打ちました。

あなたがたがその地を相続地として、くじで分けるとき、その地の聖なる区域を奉納地として主にささげなければならない。。。その周囲の全域は聖なる地である。。。そして、その中に聖なる至聖所があるようにせよ。(45:1,3)

つまり、「私たちがあなたに与えた土地に帰る時、私のためにスペースを整えなさい。なぜなら、私はあなたの主で、あなたたちの中に住むから。」

私はそれを読む時、ペテロの言葉を思い出しました。

むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。(第一ペテロ3:15)

それはどういう意味でしょうか。それは、神様にあなたの心の王座を捧げることです。また、神様だけのためにあなたの心を整えることです。

そして、神様は他の命令を与えました。君主たちにこう言いました。

イスラエルの君主たちよ。もうたくさんだ。暴虐と暴行を取り除き、公義と正義とを行なえ。わたしの民を重税で追い立てることをやめよ。(45:9)

神様は私たちにも同じことを言います。もし、神様を主としてあがめるなら、私たちは自分の罪を止めて、神様の目に正しいことをするべきです。

そして、神様は祭司たちが雄牛をいけにえとして捧げるように命令しました。そして、彼らはその血をもって、聖所を清めなくてはならなかった。毎年彼らはそれをしなければなりませんでした。

そのように、私たちも清い聖所を持ち続けるべきです。つまり、私たちの体は神様の宮なので、私たちの罪を告白しなくてはなりません。また、イエス様の血が私たちを清めて、神様が私たちの罪を赦すために祈るべきです。

神様はその祭司たちにこう言いました。

あやまって罪を犯した者やわきまえのない者のためにこのようにし、宮のために贖いをしなければならない。(20)

私たちは意識的に罪を犯さなかったかもしれない。それでも、その罪のためにイエス様は贖いをしなければならなかった。だから、ダビデが祈ったように、私たちもこう祈るべきです。

だれが自分の数々のあやまちを悟ることができましょう。どうか、隠れている私の罪をお赦しください。あなたのしもべを、傲慢の罪から守ってください。それらが私を支配しませんように。そうすれば、私は全き者となり、大きな罪を、免れて、きよくなるでしょう。(詩篇19:12-13)

そして、神様はイスラエル人に過越の祭りを守るように命令しました。その時、彼らは神様がイスラエル人をエジプトから救い出したことを思い出しました。

そのように、私たちもサタンの国と罪からの救いを思い出すべきです。なぜなら、私たちは、なぜ神様に私たちの心を捧げるかよく忘れるから。その理由は、神様が私たちを愛して、神様の救いのために感謝するということです。ヨハネはこう書いた。

私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。第一ヨハネ4:19)

46章では、供え物の話の中で、神様は45章のテーマを繰り返します。

全焼のいけにえは罪の贖いのためでした。それに、そのいけにえによって、イスラエル人は神様に心のすべてを捧げることを表現しました。(そのいけにえは完全に燃やされました。)

穀物のささげ物は神様に感謝するためでした。

和解のいけにえは、全焼のいけにえのように贖いのためでした。つまり、捧げた動物は人の代わりに、その人の罪のために死にました。でも、もう一つの意味がありました。それは、その動物の血によって、私たちには神様との間に平和があるということです。

最後のポイントがあります。イスラエル人は礼拝するために来た時、彼らは一つの門を通ったけど(北の門でも良かったし、南の門でも良かった)、帰る時には、反対の門を通らなくてはならなかった。なぜでしょうか。多分、私たちが神様の前で礼拝したら、私たちは変わるから。イエス様の血によって、私たちは清められて、神様の目に私たちは義と認められました。それに、イエス様は私たちの心の王座に座っています。だから、私たちは新しい人になりました。

パウロはこう書きました。

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。(第二コリント5:17)

新しく造られたものとして、毎日、神様に私たちの心を捧げましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エゼキエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中