エゼキエル書44章ーー私たちの心に入るもの

私は子供の時、日曜学校でこの歌を歌いました。

あなたが見ることに気を付けて。

また、

あなたが聞くことに気を付けて。

これはシンプルな歌だけど、本当に大切なメッセージがあります。私たちは自分の心に入ってくるものに気を付けなくてはならない。なぜでそしょうか。なぜなら、私たちの体は、聖霊の宮だから。

だから、神様はエゼキエルにこう言いました。

宮に入れる者と、聖所に入れないすべての者を心に留めよ。あなたは、反逆の家、イスラエルの家にこう言え。神である主はこう仰せられる。イスラエルの家よ。あなたがたのあらゆる忌みきらうべきわざは、もうたくさんだ。あなたがたは、心にも肉体にも割礼を受けていない外国人を連れて来て、わたしの聖所におらせ、わたしの宮を汚した。あなたがたは、わたしのパンと脂肪と血とをささげたが、あなたがたのすべての忌みきらうべきわざによって、わたしとの契約を破った。(5-7)

祭司たちだけが聖所に入ることができたけど、イスラエル人は神様を信じない外国人をその聖所に入らせました。その結果、神様の宮で彼らが偶像を礼拝し始めて、神様の宮を汚してしまいました。

だから、神様はその先祖が偶像を礼拝したレビ人に対して祭司になることを禁止しました。神様に忠実なレビ人だけが祭司になることを許しました。

あなたはどうですか。あなたの宮の門に、つまり、あなたの目と耳に何を入れるでしょうか。あなたの心に何を住まわせるでしょうか。

あなたはテレビで、何を見るでしょうか。どんな音楽を聞いているでしょうか。どんなメッセージを聞いているでしょうか。あなたの心を何が治めているでしょうか。

私たちが不潔なものを心に入らせたら、神様の宮は汚れます。お金の偶像や、持ち物の偶像や、セックスの偶像を入らせたら、神様の宮は汚れます。

そうしないでください。私たちの心を汚すものに心の戸を閉めてください。むしろ、神様にあなたの心の戸を喜んで開いてください。あなたの心の王座を神様に捧げてください。

主よ。時々、私は不潔なもの私の心に入らせます。赦してください。私がその物に心の戸を閉めることを助けてください。主よ。私の心の王座に座ってください。毎日、私の王、私の神になるように。私たちの心があなたが喜んで住む宮になりますように。アーメン。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エゼキエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中