エゼキエル書28章ーー一人の神しかいない

この箇所では、私たちは興味深いツロの君主に関する言葉を読みます。

多くの聖書学者によれば、「ツロの君主」というのは、人間だったけど(1-10節)、「ツロの王」というのはサタンという事です。(11-19節)

それが本当かどうか私は分かりません。「ツロの君主」と「ツロの王」は同じ方かもしれない、つまり、その人間の王です。彼は自分の神々のようになりたかったかもしれない。

でも、その王がサタンでも人間でも、神様のポイントははっきりします。一人の神しかいないです。そして、ツロの君主、またサタンは神様ではありません。

ツロの君主は自分の力とその都市の繁栄を見て、言いました。

私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている。(2)

でも、神様は彼に言いました。

あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。。。あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。(2、8-9)

ここから、私たちは何を学ぶことができるでしょうか。多分、あなたは「私は神だ」と言わない。でも、あなたは神様のように生きていませんか。どれぐらい、あなたの成功と実績を誇って周りの人々を見下すでしょうか。彼らを兄弟として考えずに、あなたのしもべとして考えていませんか。

また、どれぐらい、あなたの心の王座から神様を追い出して、その王座に座るでしょうか。どれぐらい、あなたは神様の御心を求めずに、自分の道を行くでしょうか。

そうすれば、あなたは、ツロの王が知ったことを分かります。あなたが美しくても、賢くても、どんなに成功しても、あなたは神様ではなく、ただの人間です。

そして、あなたが神様に反抗して、その王座を取ろうとしたら、あなたはかえって低くされます。

一人の神しかいない。私たちはその神ではありません。だから、神様の前にへりくだり、仕えましょう。神様を私たちの王として認めましょう。

主よ。私は時々、あなたの王座に座って、自分の道を行きます。私を赦して下さい。私の全てのものはあなたからです。私がいつもそのことを思い出して、あなたに感謝するように。あなたを愛しています。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エゼキエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中