哀歌 –悔い改めに至る悲しみ

エレミヤはエルサレムの没落の後で、哀歌を書きました。哀歌の中に、エレミヤの苦しみは表れました。

1章では、エレミヤはエルサレムを女王に例えます。その女王の主人は亡くなり、彼女は追放されてしまいます。

彼女が牢屋にいる時、彼女は苦々しい心を持って、ずっと泣きます。なぜなら、彼女の恋人や友達は彼女を捨てたし、裏切ったから。

あなたが哀歌を読み続けると、エルサレムの状態がどんなに酷くなったか分かると思います。ソロモンの美しい宮は以前エルサレムの誇りだったけど、それは略奪されて、焼かれました。

また、エルサレムのリーダーたちは殺されたり、追放されたりしました。お金持ちは貧乏になって、全てのエルサレムの人々は飢えていました。どこを見ても、人々が死んでいました。だから、エレミヤは、「剣で殺される者は、飢え死にする者よりも、しあわせであった」と言いました。(4:9)

その結果は、ユダ人たちは喜びを失い、絶望しました。

でも、エレミヤにとって一番大変なことは、主がエルサレムを捨てたことです。神様はその宮と祭壇を拒絶したし、エルサレムと戦って、その怒りによってエルサレムを滅ぼしてしまいました。

どうして神様はエルサレムを滅ぼしたのでしょうか。

彼女の多くのそむきの罪のために、主が彼女を悩ましたのだ。(1:5)

だから、周りの国々はエルサレムの没落をからかいました。

でも、この破壊と苦しみの中で、エレミヤの心の中には、希望のオアシスがありました。

3章では、エレミヤはエルサレムの状態について話します。多分、彼は、エルサレムの状態をエレミヤの穴に入らせた経験と比べます。その時、エレミヤは苦々しい心を持って、暗闇に住んでいたし、逃げられなかった。彼は鎖で繋がれていたし、神様を呼んだとき、神様が答えてくださいませんでした。それに、皆は彼の苦しみをからかいました。

でも、エレミヤはこう言いました。

私はこれを思い返す。それゆえ、私は待ち望む。私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。」(3:21-23)

エレミヤの希望はどこから来たでしょうか。神様の愛と情けによって、希望がありました。つまり、神様は自分の民を裁いたけど、彼らを全く捨てたわけではなかった。彼らは、苦しんで、追放されたけど、彼らはまだ生きている。

だから、エレミヤはこう言いました。

主は、いつまでも見放してはおられない。たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは、思っておられない。(3:31-33)

だから、エレミヤはその民にこう言いました。自己憐憫で、泣かないでください。むしろ、泣くときには、悔い改めてください。

彼は言った。

夜の間、夜の見張りが立つころから、立って大声で叫び、あなたの心を水のように、主の前に注ぎ出せ。(2:19)

また、

生きている人間は、なぜつぶやくのか。自分自身の罪のためにか。私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。私たちの手をも心をも天におられる神に向けて上げよう。「私たちはそむいて逆らいました。あなたは私たちを赦してくださいませんでした。(3:39-42)

神様は私たちに同じことを言います。あなたの罪によって、あなたの人生が壊れたかもしれないので、希望がないと思います。でも、ただ自己憐憫で泣いたら、希望は本当にないです。でも、あなたが悔い改めたら、神様はあなたを憐れんで、赦して、癒してくださいます。

パウロはこう書いた。

神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。(第二コリント7:10)

哀歌の最後に、エレミヤはこう言いました。

主よ。あなたのみもとに帰らせてください。私たちは帰りたいのです。私たちの日を昔のように新しくしてください。それとも、あなたはほんとうに、私たちを退けられるのですか。きわみまで私たちを怒られるのですか。(5:21-22)

あなたが悔い改めたら、神様はあなたを決して捨てません。だから、死をもとらす悲しみに溺れないでください。むしろ、神のみこころに添った悲しみを抱きましょう。そうすれば、赦しと命を見つけます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 哀歌, 大預言書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中