列王記第二25章1-21節;歴代誌第二36章11-21節;エレミヤ書39章1-10節;エレミヤ書52章ーー没落の理由

この箇所はちょっと珍しいです。つまり、同じ事件が4つの所で書かれています。それは、エルサレムの没落です。多分、エレミヤは52章を書いていなかった。それは他の人が書いた付録らしいです。エレミヤ52章と列王記の箇所はほとんど同じです。

ゼデキヤ王は神様の名前によって、バビロンのしもべになることを誓いました。でも、彼がその約束を破ったので、ネブカデネザルが軍隊を送って、エルサレムは二年ぐらい包囲されました。だから、エルサレムの食べ物はだんだんなくなったし、結局エルサレムは破れました。ゼデキヤは逃げたけど、彼は捕まえられた。彼の息子たちは殺されたし、その後で彼の目はつぶされました。そして、ネブカデネザルは大祭司と次席祭司とユダの長老たちを殺しました。

バビロン人は主の宮から価値のあるものを全部取って、宮と宮殿とエルサレムの家を全部焼きました。

どうして、神様はそのことを許したでしょうか。

歴代誌第二に、その理由を読みます。

彼「ゼデキヤ」はその神、主の目の前に悪を行ない、主のことばを告げた預言者エレミヤの前にへりくだらなかった。。。そのうえ、祭司長全員と民も、異邦の民の、忌みきらうべきすべてのならわしをまねて、不信に不信を重ね、主がエルサレムで聖別された主の宮を汚した。彼らの父祖の神、主は、彼らのもとに、使者たちを遣わし、早くからしきりに使いを遣わされた。それは、ご自分の民と、ご自分の御住まいをあわれまれたからである。ところが、彼らは神の使者たちを笑いものにし、そのみことばを侮り、その預言者たちをばかにしたので、ついに、主の激しい憤りが、その民に対して積み重ねられ、もはや、いやされることがないまでになった。(歴代誌第二36:12-16)

私たちは何を学ぶことができますか。どうして、エルサレムは倒れたでしょうか。

一つ目は、ゼデキヤとその民が、主の目の前に悪を行ったということです。私たちが悪を行うと、私たちの人生に悪が起こります。

二つ目は、神様の言葉を聞いた時、彼らがへりくだって悔い改めなかったということです。むしろ、彼らの心はもっと堅くなって、もっともっと悪くなりました。

三つ目は、彼らが周りの国の宗教的な忌みきらうべきすべてのならわしを真似して、神様の宮を汚したということです。

最後の理由は、彼らが神様の言葉を侮り、その預言者たちを馬鹿にしたということです。だから結局彼は癒されることがないまでになりました。時々、私たちの心が堅くなりすぎて、私たちはもう悔い改めたくないです。でも、悔い改めないと、私たちは癒されないです。

あなたはどうですか。どの道を行っているでしょうか。あなたは悔い改めずに、罪を犯しているでしょうか。神様が聖書か、日曜日のメッセージを通してあなたを責めたら、あなたの目と耳を閉じるでしょうか。

周りの人々の宗教的なならわしと教えに従って、聖霊の宮、つまり、あなたの体を汚しているでしょうか。(第一コリント6:19)

また、この世の神々、つまり、お金や、セックスや、持ち物を求めているでしょうか。これらも聖霊の宮を汚すことができます。

また、あなたは神様の言葉を侮り、神様のメッセンジャーをからかっているでしょうか。

そのことによって、エルサレムは倒れました。そのことによって、あなたも倒れます。あなたが本当にクリスチャンだったら、あなたの救いを失わないけど、あなたの人生を壊します。神様はあなたのために良い計画があるけど、あなたはその計画を知りません。充実した人生ではなくて、後悔ばかりの人生になります。

私たちがイスラエル人にならないように。むしろ、神様に対してやわらかい心を保ちましょう。そうすれば、本当の命を見つけます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 列王記第二, 大預言書, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中