エレミヤ書32章ーー私達の利益のため

この箇所では、エルサレムはまだ包囲されていた。また、エレミヤは、まだ 牢屋にいた。その時、神様はエレミヤにこう言った。「あなたのいとこは、あなたに土地を売るために来る。その時、その土地を買いなさい。」

普通に考えるとそれは良い機会ですが、エルサレムが包囲されていたので、エレミヤがその土地を持ち続けるかどうかはわからなかったので、ちょっと愚かな決断に思えます。それでも、神様は「買いなさい」と言いました。なぜなら、神様はこう言ったから。

まことに、イスラエルの神、万軍の主は、こう仰せられる。再びこの国で、家や、畑や、ぶどう畑が買われるようになるのだ。(15)

つまり、エレミヤの取得は、イスラエル人の帰国のしるしでした。

エレミヤの反応(16ー25節)は、ちょっと微妙です。その祈りは信仰の祈りでしょうか。もしくは、彼は神様がイスラエル人を自分の国に帰らせるかどうか疑っていたでしょうか。もしくは、その祈りの中に、信仰も疑いもあったでしょうか。

どれぐらい、私たちはイエス様に息子を癒やすように頼んだ父のようでしょうか。イエス様は彼に訊いた。「私があなたの息子を癒せることを信じるでしょうか。」

その父は答えた。「信じます。不信仰な私をお助けください。」(マルコ9:25)

エレミヤは、そのように祈りました。「主よ。あなたはすべてのことができます。あなたにとっては、不可能なことはありません。あなたは、バビロン人が来て、エルサレムが包囲されると警告しました。そして、あなたが言った通りに、彼らは来た。私は信じます。

でも、あなたは、私に言います。「その土地を買いなさい。なぜなら、ある日、イスラエル人はこの土地に戻るから。」

それは本当でしょうか。私達は本当にこの国に戻るのでしょうか。」

多分、エレミヤは、神様の力を疑わなかった。むしろ、彼はイスラエル人が悔い改めるかどうか疑った。なぜならその時まで、彼らは全然悔い改めていなかったから。

神様は答えたとき、イスラエルの裁きについて話したけど、こう言いました。

「見よ。わたしは、わたしの怒りと、憤りと、激怒とをもって散らしたすべての国々から彼らを集め、この所に帰らせ、安らかに住まわせる。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。わたしは、いつもわたしを恐れさせるため、彼らと彼らの後の子らの幸福のために、彼らに一つの心と一つの道を与え、 わたしが彼らから離れず、彼らを幸福にするため、彼らととこしえの契約を結ぶ。わたしは、彼らがわたしから去らないようにわたしに対する恐れを彼らの心に与える。わたしは彼らを幸福にして、彼らをわたしの喜びとし、真実をもって、心を尽くし思いを尽くして、彼らをこの国に植えよう。」(37ー41)

つまり、神様は、きっとイスラエル人を自分の国に帰らせると言いました。でも、神様が31章で言ったように、イスラエルの霊的な復活は、イスラエル人の働きではなく、神様の働きです。神様が彼らの心を変えて、彼らは悔い改めます。そして、神様は彼らをもう一度祝福すると約束しました。

私たちは何を学ぶことができますか。

一つ目は、私たちが疑うときに、神様は私たちの利益のために働いているということです。神様は、私たちを祝福したいです。神様は、私たちを祝福するのを喜びます。私たちがそれを思い出したら、神様に信頼して、従うことはもっと簡単なことになります。

二つ目は、神様は、いつも私たちの心の中に働いて、神様が望むように私たちを形成しているということです。私たちはの役割は、神様と協力することです。そうすれば、神様は私たちを祝福します。

主よ、私に一つの心と一つの道を与えてください。私が自分の幸福のために、いつもあなたを恐れるように。私があなたの愛をもっと知るように。また、私があなたをもっと愛するように。あなたが最初に私を愛していたので、私はあなたを愛しています。あなたの愛に感謝します。私があなたが私の利益を望むことを信じるように。また私があなたに従うように助けてください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中