エゼキエル書23章ーーあなたの滅びる情欲

この箇所では、たとえ話によって、エゼキエルは北イスラエル王国とユダ王国を責めます。この話は二人の売春婦についてです。彼女らは姉妹で、姉の名前はオホラで、妹の名前はオホリバでした。

オホラは北イスラエル王国の首都サマリヤを表します。ユダから別れた時、北イスラエル王国は自分の礼拝する場所を建てました。それは「神様のためだ」と言ったけど、実はその所は偶像を礼拝するためでした。(「オホラ」というのは、「彼女自身の幕屋」という意味です。)

オホリバはユダ王国の首都エルサレムを表します。ユダの中に、神様の宮がありました。(「オホリバ」というのは、「彼女に私の幕屋がある」という意味です。」

この話では、その姉妹はエジプトの売春婦だったたけど、神様は彼らをその人生から救い出した。その意味は、エジプトにイスラエル人が他の神々を礼拝したけど、神様が彼らがその偶像を捨てて、神様に従うように呼んだという事です。

そのあとで、オホラはアッシリヤ人を恋い慕って、姦淫を犯しました。でもアッシリヤ人は彼女を殺して、その子供を奴隷にしました。その意味は、北イスラエル王国がアッシリャと同盟を結んで、その神々を礼拝し始めたけど、アッシリヤ人が彼らを追放して、北イスラエルが滅びたということです。

しかし、オホリバはその姉の罪から全然学びませんでした。だから、彼女もアッシリヤ人を恋い慕いました。それに、彼女はバビロン人も恋い慕いました。そのあとで、彼女の心はバビロン人から離れ去った。だから、彼女はエジプト人に戻りました。しかし、将来にバビロン人は彼女を追って、殺して、その子供を奴隷にします。

その意味は、ユダ王国がアッシリヤ人とバビロン人とエジプト人と同盟を結んで、その神々を礼拝するということです。でも彼らはバビロンに追放される。

神様の言葉はすべて成就しました。

この話から二つのことを学ぶことができると思います。

一つ目は、神様は私たちに神様に従うことを強制しないという事です。私たちが神様から立ち去ると、神様は私たちを止めない。神様は私たちを私たちが恋い慕うものに渡します。

でも二つ目は、私たちが恋い慕うものは、結局私たちを滅ぼすという事です。それらが私たちに喜びや、安全や、祝福を与えてくれると思うかもしれないけど、それらは私たちを奴隷にして、滅ぼします。

パウロはこう言いました。

あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。。。罪の奴隷であった時は、あなたがたは義については、自由にふるまっていました。その当時、今ではあなたがたが恥じているそのようなものから、何か良い実を得たでしょうか。それらのものの行き着く所は死です。(ローマ6:16、20-21)

イスラエル人は、そのことを経験しました。私たちも、そのことを経験するかもしれない。

どれぐらい、夫は不倫して、自分の家族を壊すでしょうか。彼らは自分の行動によって、妻と子供を傷つけます。その夫はその可能性をよく知っているけど、自分自身を止めません。

また、どれぐらい人々はアルコールか麻薬によって自分の人生を壊すでしょうか。

また、どれぐらい、お金を愛するので、働きすぎて、自分の家族と健康を壊すでしょうか。

たくさんの人は、自分の情欲のために生きるのは自由だと思います。でも、自分自身を止められないなら、それは本当に自由でしょうか。あなたの情欲によって、あなたの人生は壊れるのは自由でしょうか。

あなたを滅ぼすものから自由にするために、イエス様は十字架で死にました。あなたが生きるためにイエス様は死にました。でも、あなたは本当に自由になりたいでしょうか。そうすれば、この祈りを祈ってください。

イエス様、私は自分自身の情欲の奴隷です。その情欲は私の人生を壊しているけど、私は止められない。私の罪を赦して下さい。あなたが私の罪のために死んでくださり、感謝します。私を癒してください。私を自由にしてください。アーメン。

 

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中