エゼキエル18章ーー神の御前に申し開きすること

この個所では、私たちは大切な真理を学びます。つまり、私たち皆は、いつか、神の御前に申し開きをしなくてはなりません。

エゼキエルの時代、イスラエル人はこのことわざを引用して、文句を言いました。

父が酸いぶどうを食べたので、子どもの歯が浮く。(18)

つまり、「私たちは先祖の罪のために苦しんでいます。どうして私たちは、彼らの罪のために罰されているだろうか。」

でも、神様は彼らに答えました。

わたしは誓って言う。――神である主の御告げ――あなたがたはこのことわざを、イスラエルで、もう決して用いないようになる。見よ。すべてのいのちはわたしのもの。父のいのちも、子のいのちもわたしのもの。罪を犯した者は、その者が死ぬ。(3-4)

つまり、時々私たちは両親の罪かほかの人の罪によって被害を被るかもしれないけど、私たちすべての人間は自分の行動に対して責任があります。

例えば、両親に虐待された人がいるかもしれない。その両親の行動によって、彼らは、肉体的に、また精神的に苦しみます。でも、それに対する反応は、自分の責任です。彼らは、自分の子供に対して、両親の罪を犯し続けますか。もしくは、その罪を止めますか。

神様はイスラエル人にたくさんの仮定の質問を訊きました。

「もし、正しい人が悪い息子がいれば、私はその息子を正しい人として認めるでしょうか。違います。私はその息子を父の行動のために祝福せずに、彼を罰します。」(5-13)

「でも、もしかしたら、悪い人には息子がいます。その息子は父の罪を見るけど、彼はその罪を拒絶して、正しい人生を生きます。私はその息子をその父の罪のために罰するでしょうか。違います。その父は自分の罪のために死ぬけど、その息子は生きます。」(14-18)

また、「もし悪い人が悔い改めて、正しいことをし始めたら、その人は以前の罪のために死ぬでしょうか。違います。私はその人を赦して、哀れみます。」(21-22)

でも、「正しい人は、義の道から離れたら、彼は生き続けるでしょうか。違います。彼は死にます。」(24)

ユダの王の歴史を見ると、そのパターンをよく見ます。例えば、アサ王は義の道から離れて、罪を犯し始めたので、彼は苦しんで死にました。でも彼の息子ヨシャパテは、その父の罪から離れて、良いことをしたので、神様は彼を祝福しました。でもヨシャパテの息子ヨラムは、その父の義の道から離れたので、苦しんで死にました。また、ほかの王マナセは良い父がいたけど、罪を犯したので、罰されました。しかし彼は悔い改めたので、神様は彼を赦しました。

神様のポイントは何でしょうか。

――神である主の御告げ――悔い改めて、あなたがたのすべてのそむきの罪を振り捨てよ。不義に引き込まれることがないようにせよ。あなたがたの犯したすべてのそむきの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。――神である主の御告げ――だから、悔い改めて、生きよ。(30-32)

つまり、「自分の行動のために責任を取ってください。自分の罪を認めてください。あなたの罪のためにほかの人を責めないでください。彼らの罪の申し開きをしなくてはならないけど、あなたも自分の罪の申し開きをしなくてはならない。だから、彼らをあなたのトラブルのために責めずに、悔い改めてください。私に新しい心と霊を頼んでください。私は誰かが死ぬのも喜ばないからです。」

その前に神様は言いました。

わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。――神である主の御告げ――彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。(23)

あなたはどうですか。あなたのトラブルのためにほかの人を責めるでしょうか。あなたの罪の結果のために相手を責めるでしょうか。彼らはある程度まで責任があるかもしれないけど、神様の前に彼らを責めることはあなたを助けません。だから自分の心を見てください。自分の罪を見てください。そして、悔い改めてください。そうすれば、神様はあなたを赦して、癒します。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エゼキエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中