エゼキエル書13章ーー真理を白く塗ること

「私は本当におばあさんに福音を伝えなくてはならないでしょうか。彼女はクリスチャンじゃないですけど、本当にいい人です。神様はきっと彼女を受け入れるでしょう?」

どれぐらい、クリスチャンはそのようなことを言うでしょうか。もしくは、彼らはそのことを言わないけど、そのように考えます。だから、彼らは愛しているものに福音を決して伝えない。

「皆は結局救われる」という牧師もいます。彼らは言います。「皆はいつか天国に行ます。だから地獄について教えなくていいです。神様の愛だけを伝えた方がいいです。」

でも、私たちはそんなことを言うと、真理を白く塗りつぶすことになります。神様は真理が塗りつぶされることが大嫌いです。

この箇所では、その罪のために神様は偽の預言者たちを責めた。神様はこう言った。

あなたがたは、主の日に、戦いに耐えるために、破れ口を修理もせず、イスラエルの家の石垣も築かなかった。(5)

また、

実に、彼らは、平安がないのに『平安』と言って、わたしの民を惑わし、壁を建てると、すぐ、それをしっくいで上塗りしてしまう。しっくいで上塗りする者どもに言え。『それは、すぐはげ落ちる。』大雨が降り注ぎ、わたしが雹を降らせ、激しい風を吹きつける。すると、壁が倒れ落ちる。人々はあなたがたに向かって、『上塗りしたしっくいはどこにあるのか』と言わないだろうか。(10-12)

この預言者たちは何をしていたでしょうか。彼らはイスラエル人にこう言った。「あなたの神様との関係は大丈夫です。裁きについて心配しないでください。」

イスラエル人が自分の罪によって、倒れそうな壁みたいだったのに、その偽の預言者たちは悔い改めのメッセージを伝えなかった。もし、彼らがイスラエル人を警告したら、その「壁」を強めたかもしれない。でも、むしろ、彼らはイスラエル人の罪を平和の言葉で白く塗った。(「白く塗る」というのは英語の翻訳です。日本語の翻訳によれば、彼らはイスラエルの罪の罅をしっくいで上塗りました。その「しっくい」は偽の預言者の慰めの言葉でした。)

その結果は?裁き。追放。死。

もし私たちが愛している人々の罪を白く塗ると、彼らも同じ裁きを受けます。もし彼らが神様との平和がないのに、私たちが「平和」を伝えたら、結局、彼らは裁かれます。

だから、真理を白く塗らないでください。神様から離れた人々に真理を伝えましょう。悔い改めのメッセージを伝えましょう。そうすれば、彼らは神様に向かうかもしれない。そして、彼らは本当の命を見つけます。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エゼキエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中