エゼキエル書10-11章ーー本当の宮、本当の神様の民

私が子供の時に、日曜学校で、私は何回もこの言葉を聞きました。「教会は建物ではありません。教会は人々そのものです」。

それはそうですけど、完全な定義じゃないです。教会とは、神に属する人々です。つまり、彼らの心は神様の物です。

残念なことだけど、イスラエル人の心は神様のものではなかった。彼らは「神様の民」と呼ばれたけど、彼らは神様に背を向けて、偶像を礼拝しました。それに、彼らは、その偶像を神様の宮に置いた。

だから、ついに神様はその宮を立ち去った。ソロモン王がその宮を建ててから、神様の臨在はそこにいました。(歴代誌第二5:14)

もちろん、その宮は本当に神様の家じゃなかった。ソロモンはその時に、こう言っていた。

それにしても、神ははたして人間とともに地の上に住まわれるでしょうか。実に、天も、天の天も、あなたをお入れすることはできません。まして、私の建てたこの宮など、なおさらのことです。(歴代誌第二6:18)

それでも、ソロモンは、神様がいつもその宮を見て、その宮で捧げた祈りを聞くように祈った。(歴代誌第二6:20-42)

ソロモンが建てた宮は本当に素晴らしかった。その宮は本当に栄光のあるところでした。でも、イスラエルの罪と神様に対する不忠実によって、神様とその栄光はその宮から出てしまった。

11章で、私たちは、イスラエル人の頑固さを見ます。イスラエルのリーダーたちは頑固に言った。「何も悪いことは起こらない。私たちは偉い人だから。」

だから、神様は彼らを責めた。それに、しるしとして、神様はその一人を殺してしまいました。

エゼキエルはそれを見て、叫んだ。

ああ、神、主よ。あなたはイスラエルの残りの者たちを、ことごとく滅ぼされるのでしょうか。(11:13)

しかし、神様は答えた。「いいえ。そうではない。私はバビロンに追放されたイスラエル人と一緒にいます。」

エルサレムに残った人々は追放された人々についてこう言っていた。

主から遠く離れよ。この地は私たちの所有として与えられているのだ。(11:15)

その追放された人々はエレミヤの助言に従ったかもしれない。つまり、彼らはバビロン人に降伏しました。(エレミヤ書27:17)。だから、そのエルサレムに残った人々は彼らを売国奴として考えたかもしれない。彼らは神様が彼らを拒絶したと思った。なぜなら、神様はイスラエル人にその土地を与えたのに、その「売国奴」はその土地を去ったから。

でも、エルサレムに残った人々は神様の民じゃなかった。エレミヤは彼らに神様の言葉を伝えたけど、彼らはその言葉を拒絶しました。

むしろ、バビロンに行った人々は神様の民でした。神様は彼らについてこう言った。

「神である主はこう仰せられる。わたしは彼らを遠く異邦の民の中へ移し、国々の中に散らした。しかし、わたしは彼らが行ったその国々で、しばらくの間、彼らの聖所となっていた。」それゆえ言え。「神である主はこう仰せられる。わたしはあなたがたを、国々の民のうちから集め、あなたがたが散らされていた国々からあなたがたを連れ戻し、イスラエルの地をあなたがたに与える。」(11:16-17)

また、

わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。それは、彼らがわたしのおきてに従って歩み、わたしの定めを守り行なうためである。こうして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。(19-20)

本当の宮は何でしょうか。それは建物ではありません。神様の民は誰でしょうか。ただ教会に行く人ではありません。また、ただクリスチャン・ホームに育った人でもありません。

神様の宮は神様が住んでいるところです。神様の民は神様に属する人々です。つまり、神様は彼らの心に住んでいる。また神様は彼らに、新しく、柔らかい心に与えます。だから彼らは毎日神様に従います。

私たち皆にそのような心があるように。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中