エレミヤ書29章ーー私たちがこの世にいる間


このブログで、この箇所について英語で書いた時 (3年間前)、私は命と死について考えていた。なぜなら、私の教会では、本当に愛された人が亡くなったから。彼女は牧師じゃなかったけど、生きている間に、たくさんの人々に触れていた。

この箇所を読んだとき、私の人生について考えました。

神様はバビロンに追放された人々に話した。彼らは自分の家と国から追放されて、偶像だらけの国に連れて行かれた。その国は本当に不敬虔な所でした。それでも、神様は彼らに言った。

家を建てて住みつき、畑を作って、その実を食べよ。妻をめとって、息子、娘を生み、あなたがたの息子には妻をめとり、娘には夫を与えて、息子、娘を産ませ、そこでふえよ。減ってはならない。わたしがあなたがたを引いて行ったその町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。そこの繁栄は、あなたがたの繁栄になるのだから。」(5-7)

神様は、私たちに同じことを言っています。ユダヤ人のように、私たちは不敬虔な偶像だらけの世界に住んでいます。だから、「もう天国に行きたいです。この世界の悪と世界の問題を扱いたくない」と言うことは簡単なことです。

でも、神様は私たちに言います。「この世にいる間、私たちがあなたに与えた人生を楽しんでください。結婚してください。子供を産んでください。働いてください。それに、あなたが住んでいる場所の繁栄を求めてください。また、その場所のために祈ってください。なぜなら、そこの繁栄はあなたの繁栄になるのだから。」

時々、クリスチャンたちは自分自身をこの世界から隔離します。彼は恐れて、教会を自分の砦にして、神様に祈ります。「神様、私たちを守ってください。」

でも、それは神様の望みじゃないです。神様は私たちが自分のコミュニティの中で、積極な役割を取ることを望みます。神様は私たちが周りの人々に触れて、影響を与えることを望みます。神様は私たちが政治に参加することを望みます。(あなたは投票するでしょうか。)また、神様は私たちが自分のコミュニティと国のために祈ることを望みます。

そして神様は、私が未来を恐れずに、この世にも良い将来と希望があることを知るように望みます。

神様はこう言った。

わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。わたしはあなたがたに見つけられる。。。(11-14)

神様はユダヤ人たちにそう言ったけど、私たちにもそう言います。

だから、私たちがこの世にいる間、主を求めましょう。また祈りましょう。将来を恐れないでください。この世の悪を恐れないでください。むしろ、神様が与えた私たちの人生を楽しみましょう。私たちは、与えられた賜物を使って、神様とその国のために働きましょう。そして、周りの人々に触れて、影響に与えましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中