列王記第二24:8-17節;歴代誌第二36章9-10節;エレミヤ書24章ーー神様の選択、私たちの選択

クリスチャンの学者はずっと神様の主権と人間の自由意志について議論しています。この箇所では、その二つのものが見えるので、その議論についてちょっと話しますけど、そのことについて、私には特に新しい考えがあるわけではありません。

この箇所では、エホヤキム王がバビロンの王に反抗したので、バビロンはエルサレムを攻撃して、彼を退けて、バビロンに囚人として連れて行った。

その息子エヨハキンは、王として3か月しかユダを治めませんでした。ネブカデネザルは彼も退けて、バビロンに囚人として連れて行った。エホヤキンだけではなくて、ネブカデネザルは、エホヤキンの母や、妻たちや、すべての高官や、すべての有力者一万人や、職人や、鍛冶屋もみな、捕囚として捕らえ移した。

そして、エホヤキンの代わりにネブカデネザルは、エホヤキンのおじゼデキキヤを王としました。(歴代誌によれば、ゼデキヤはエホヤキンの「兄弟」だけど、その意味は「存続」です。列王記第二24:17によれば、ゼデキヤはエホヤキンのおじでした。)

その時、神様はエレミヤに幻で2かごのいちじくを見せました。一つのかごにはとても良いいちじくがあって、ほかのかごにはとても悪いいちじくがあった。

神様が言ったのは、追放され人たちを良いいちじくだと見なすということです。しかし、エルサレムに残った人々は悪いいちじくでした。そして、神様はそのエルサレムに残った人々を滅ぼすけど、追放された人々を祝福し、いつかイスラエルに帰らせると約束なさいました。

でも、どうして神様は一つのグループを救うのに、ほかのグループを滅ぼすでしょうか。神様追放された人々についてこう言いました。

わたしは、良くするために彼らに目をかけて、彼らをこの国に帰らせ、彼らを建て直し、倒れないように植えて、もう引き抜かない。また、わたしは彼らに、わたしが主であることを知る心を与える。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。彼らが心を尽くしてわたしに立ち返るからである。(6-7)

もちろん、追放されたの人々の中に、預言者たちダニエルやエゼキエルのように、割と良い人々もいました。でもそんなに良くない人々もいました。どうして神様は彼らを救ったでしょうか。私には分からない。私は神様の哀れみだとしか言えません。

時々人々はこう答えます。「神様は出来事が起こる前に、全部知っています。だから、神様は彼らが結局悔い改めると知っていたので、彼らを救ったのでしょう。」

でも、この箇所によれば、どうして彼らは悔い改めたのでしょうか。自分の良い性格によって、悔い改めたでしょうか。違います。神様は言った。「私は彼らに、私が主であることを知る心を与える。」

つまり、神様は彼らの心を変えるので、彼らは悔い改めることができます。でも、どうして神様はゼデキヤと他のエルサレムに残った人々の心を変えてくれなかったのでしょうか。

私は分からない。

では、私が確信していることは何でしょうか。

一つ目は、人々は自分の選択のゆえに裁かれるということです。彼らが神様に従うことを選んだら、神様は彼らを救いました。でも、彼らはその道を選はなかった。

二つ目は、神様が人々の心に働いて、彼らに神様を知る心を与えないと、だれも救われないということです。追放された人々には、その通りのことが起こりました。私たちにとっても、その通りです。ある牧師が言ったように、「神様が私たちの壊れたアンテナを修理したので、私たちは神様の声が聞こえるようになった。」のです。

三つ目に、神様の選択はランダムではありません。神様はサイコロの結果によって、選択しない。神様には自分の選択のためにいつも良い理由があります。私たちの問題は、私たちがその理由を知らないことです。多くの場合、神様はその理由を説明してくださいませんから。だから、私たちは神様に信頼することしか、何もできません。

アブラハムはこう言った。

全世界をさばくお方は、公義を行なうべきではありませんか。(創世記18:25)

アブラハムはそう信じました。アブラハムは神様がいつも公義を行うことを信じました。私たちもそう信じましょう。

でも、私たちは自分自身に訊かなくてはならないのは、「私は何を選択するでだろうか」ということです。

だれも、神様の前に来て、「私が信じなかったのはあなたのせいです」と言えない。

私たちは自分の選択のために責任を取るべきです。また、その選択のために、私たちは神様の前に申し開きをしなくてはならない。

神様に従うでしょうか。神様に従わないでしょうか。あなたはどうしますか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 列王記第二, 大預言書, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中