エレミヤ書45章ーー時的なものを求めること、永遠のものを求めること

エレミヤの書記バルクは自己憐憫に浸っていました。バルクはエホヤキム王にエレミヤの言葉を伝えたけど、エホヤキム王はその巻物を切ってしまって、焼き尽くしました。

だから、バルクは本当に落ち込んでいた。彼は言った。

ああ、哀れなこの私。主は私の痛みに悲しみを加えられた。私は嘆きで疲れ果て、いこいもない。(3)

つまり、「どうして私はこんな仕事をしているのだろうか。エレミヤと主に仕えているけど、どんな報いを受けているだろうか。私は彼らに従うけど、いつも私はトラブルに巻き込まれることになってしまう。他の仕事したらよかったのかもしれない。私はもっとお金をもらえる仕事をした方がいいのかも?どうして私は、こんなことで時間を無駄にしているんだろう。」

でも、神様はこう答えた。

見よ。わたしは自分が建てた物を自分でこわし、わたしが植えた物を自分で引き抜く。この全土をそうする。あなたは、自分のために大きなことを求めるのか。求めるな。見よ。わたしがすべての肉なる者に、わざわいを下すからだ。――主の御告げ――しかし、わたしは、あなたの行くどんな所ででも、あなたのいのちを分捕り物としてあなたに与える。(4-5)

神様は何を言っているでしょうか。この世は一時的なものということです。いつか、私たちが見えるものは全部なくなります。だからこの一時的な世のものを求めないでください。むしろ、神様と神の国を求めてください。そうすれば、ほかの人々は滅びるかもしれないけど、あなたは本当の命を見つけます。

あなたが正しいことをすると、時々失望するでしょうか。神様に仕えることは時間の無駄遣いだと思いますか。この世のものを求めた方が良いと思うでしょうか。

一時的なものを求めないでください。永遠のものを求めてください。そうすれば、本当の命と報いを見つけます。だから、パウロはこう言った。

善を行なうのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。(ガラテヤ6:9)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中