ダニエル書1章ーー決心した

実は、イスラエルの歴史を年代順に伝えるのは本当に難しいです。なぜなら、たくさんの聖書の書は同時に書いてあったからです。

それでも、私はこのブログを通して、いろいろなことを学びました。

以前私はダニエル書の出来事が起こったタイミングを聞いたことありました。つまり、ダニエル書の最初の部分がエルサレムが倒れる前に書いてあったと知っていました。

でも、私は、多分その出来事がユダの最後から二番目の王エホヤキンの時代に起こったと思いました。でもダニエル書によれば、エホヤキムの治世の第3年に、バビロンの軍隊はエルサレムを包囲しました。(エホヤキムは11年ぐらいユダを治めて、次の王はエホヤキンでした)。

そして、ダニエルはエホヤキムの治世の第4年に、バビロンに追放されました。

ダニエルだけではなくて、イスラエル人の中から王族も貴族の数人もバビロンに追放されました。なぜなら、バビロンの王ネブカデネザルは、ユダとほかの国々の一番賢くて、ハンサムで、偉い人々が欲しかったから。そうすると、征服された国々の良いリーダーがなくなるし、バビロンはもっと強くなります。

だから、バビロン人たちはダニエルとそのほかのユダ人たちにバビロンの文化を教えていました。

それに、バビロン人たちは彼らに新しいバビロンの名前を与えました。ダニエルとその友達の名前は神様を敬うものでしたが、その新しい名前はバビロンの神々を敬いました。

とにかくすぐに、ダニエルとその友達は選択しなくてはなりませんでした。ちょっと小さい、重要ではない選択みたいでした。つまり、彼らは王が与えられた食べ物を食べるかどうか選択しなくてはならなかった。

その食べ物は王の食卓から来たし、バビロンのトレーニングを受ける人々を敬うためでした。しかし二つの問題がありました。

一つ目は、その食べ物を食べると、多分ダニエルが神様の食べ物に関する律法を犯すことです。

二つ目は、その食べ物は最初に偶像に捧げたかもしれないことです。

ダニエルとその友達はどうしましたか。彼らが「じゃあ、私たちはイスラエルから遠い国にいるし、神様が私たちを捨てられたらしいし、その食べ物を食べていいんじゃない?」と考えるのは簡単なことです。

でも、8節では、こう書いてあります。

ダニエルは、王の食べるごちそうや王の飲むぶどう酒で身を汚すまいと心に定め[ました]。

ダニエルが係の人と話して、結局、彼とその友達は神様の方法に従う許可をもらいました。そして、

十日の終わりになると、彼らの顔色は、王の食べるごちそうを食べているどの少年よりも良く、からだも肥えていた。そこで世話役は、彼らの食べるはずだったごちそうと、飲むはずだったぶどう酒とを取りやめて、彼らに野菜を与えることにした。(15-16)

その結果は?

神はこの四人の少年に、知識と、あらゆる文学を悟る力と知恵を与えられた。ダニエルは、すべての幻と夢とを解くことができた。。。王が彼らと話してみると、みなのうちでだれもダニエル、ハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤに並ぶ者はなかった。そこで彼らは王に仕えることになった。王が彼らに尋ねてみると、知恵と悟りのあらゆる面で、彼らは国中のどんな呪法師、呪文師よりも十倍もまさっているということがわかった。(17,19-20)

私たちは何を学ぶことができるでしょうか。

あなたは神様を喜ばせることを決心しているでしょうか。

ダニエルとその友達のあったプレッシャーについて考えてください。バビロン人からのプレッシャー。彼らの神様の律法を犯した友達からのプレッシャー。自分の情欲とプライドからのプレッシャー。

そのプレッシャーがかけられても、彼らはそのプレッシャーに負けなかった。むしろ、彼らは神様に仕えることを決心しました。

だから、神様は彼らを祝福しました。

周りの人々から、プレッシャーがかけられても、あなたは神様に従うことを決心しているでしょうか。誘惑が来ても、神様に仕えることを決心しているでしょうか。

私たちがダニエルとその友達のようになりますように。そうすれば、神様は私たちを祝福してくださいます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ダニエル書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中