エレミヤ書25-26章;36章--辛い言葉に反応すること

誰も自分が懲らしめられるのは好きではありません。辛い言葉が好きな人もいません。でも、その言葉に対する私たちの反応は、私たちの人生を形成します。

エレミヤはユダ人に、たくさんの辛い言葉を言いました。つまり、裁きの言葉を伝えました。そのメッセージはいつも二つの部分がありました。つまり、「裁きが来るけど、もしあなたが悔い改めるなら、その裁きを避けることができる。」

25章では、エレミヤはユダ人たちを警告しました。「あなたたちが悔い改めないと、バビロンに70年間追放されます。」

エレミヤはユダ人たちだけを警告しなかった。彼は周りの国民へも警告しました。彼らの反応はどうだったでしょうか。あまり良いものではありませんでした。

ユダ人たちや、その祭司たちや、「預言者たち」がそれを聞いた時、答えました。「あなたは必ず死ななければならない。なんであなたはそんなことを言うのだ。」

彼らはエレミヤの言葉は反逆だと思った。

幸い、ある長老たちはエレミヤを守りました。彼らが言ったのは、「ヒゼキヤ王の時代、預言者ミカは裁きの言葉を言ったけど、ヒゼキヤ王が悔い改めて、神様を恐れたので、神様はユダに憐れみを与えてくださいました。」ということです。

ユダ人たちはそれを聞いて、エレミヤを解放したけど、悔い改めなかったらしいです。

彼らの王エホヤキムの反応も悪かった。他の預言者ウリヤがエレミヤのように、裁きを預言したとき、エホヤキムはウリヤをエジプトまで追いかけて捕まえると、ウリヤを殺しました。(26:20-23)

他の時、エレミヤが書記バルクを神様の宮に送って、バルクは神様がエレミヤに与えた言葉を伝えました。そして、宮殿の首長たちはバルクの巻き物を取って、エヨヤキムの所に行って、その巻物を読みました。

エホヤキムの反応は何でしたか。彼は、その巻物を切って、燃やしました。そして、彼はエレミヤを殺そうとしました。

あなたはどうですか。辛い言葉を聞いたら、あなたはどう反応するでしょうか。誰かがあなたに面と向かって、あなたの罪について話す時、あなたは無視するでしょうか。もしくは、あなたは怒って、その人を責めるでしょうか。もしくは、その言葉を聞いて、受け入れて、悔い改めるでしょうか。

神様は人々を裁きたくないです。神様は私たちが悔い改めることを望みます。だから、神様は人々を私たちの所に送ります。そして、私たちが彼らの言葉を捨てずに、むしろ受け入れて、その言葉によって私たちの人生が形成されたら、その人生はどれぐらいうまくいくでしょうか。

あなたはどうするでしょうか。

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中