エレミヤ書15章18-21節ーー自己憐憫の罠

時々、神様に従うことは辛いです。その時、人々はよく文句を言います。

「どうして、こんなことが起こるだろうか。私にはわからない。あなたに従ったら、私の人生は上手くいくと思ったのに。どうして、あなたはこの試練を許しているのだろうか。」

エレミヤはそう感じました。もう一度、彼は自分の民から迫害と拒絶の痛みを受けました。だから、彼の疑いはもう一度浮かびました。彼は祈りました。

なぜ、私の痛みはいつまでも続き、私の打ち傷は直らず、いえようともしないのでしょう。あなたは、私にとって、欺く者、当てにならない小川のようになられるのですか。(18)

つまり、「私は苦しんでいる。知らないの?助けてくれないの?他の人々のようにあなたは私を裏切るの?」

でも、もう一度、神様はエレミヤの自己憐憫を許さなかった。むしろ、神様はこう言った。

もし、あなたが帰って来るなら、わたしはあなたを帰らせ、わたしの前に立たせよう。もし、あなたが、卑しいことではなく、尊いことを言うなら、あなたはわたしの口のようになる。彼らがあなたのところに帰ることがあっても、あなたは彼らのところに帰ってはならない。わたしはあなたを、この民に対し、堅固な青銅の城壁とする。彼らは、あなたと戦っても、勝てない。わたしがあなたとともにいて、あなたを救い、あなたを助け出すからだ。――主の御告げ――また、わたしは、あなたを悪人どもの手から救い出し、横暴な者たちの手から助け出す。(19-21)

つまり、「「かわいそうパーティ」を止めなさい。そうすれば、私はあなたを用いることができます。あなたの文句を止めて、私の言葉を伝えなさい。この民はあなたに影響を与えて、あなたが彼らのようになる事を望んでいる。そうはさせるな。むしろ、あなたが彼らに影響を与えるべきです。彼らはあなたと戦って、迫害するかもしれないけど、あなたに勝つことはない。私はあなたを救い出す。だから、自分自身を見ずに、私を見なさい。」

あなたはどうですか。あなたが神様に従って、あなたの状態が辛くなる時、自己憐憫に落ちているでしょうか。サタンはそれを見て喜びます。なぜなら、神様にとって、私は役に立たなくなるから。自分自身に焦点を当てると、神様に焦点を当てられない。また、周りの人々のニーズを見ることができなくなります。

だから、自分の問題に焦点を当てないでください。自分自身に焦点を当てないでください。むしろ、

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。それは、あなたがたの心が元気を失い、疲れ果ててしまわないためです。(へブル12:2-3)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中