列王記第二23章1-28;歴代誌第二34-35–表面的な悔い改め

これはユダ王国の没落の始まりです。ヨシヤはユダの最後の良い王でした。そして、この箇所を見ると、ヨシヤの影響によって、ユダ人たちは悔い改めたようです。

ヨシヤは、偽物の神々とその祭壇を取り壊したし、霊媒、口寄せ、偽物の祭司たちを殺してしまいました。そして、ユダ人たちが過ぎ越しの祭りをお祝いしたら、本当に素晴らしいでした。預言者のサムエルの時代から、そのような祭りがありませんでした。(歴代誌第二35:18)

だから、歴代誌第二では、こう書いてあります。

[ヨシヤ]の生きている間、[ユダ人たち]はその父祖の神、主に従う道からはずれなかった。(歴代誌第二34:33)

でも、列王記第二には、こう書いてあります。

それにもかかわらず、マナセが主の怒りを引き起こしたあのいらだたしい行ないのために、主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めようとはされなかった。主は仰せられた。「わたしがイスラエルを移したと同じように、ユダもまた、わたしの前から移す。わたしが選んだこの町エルサレムも、わたしの名を置く、と言ったこの宮も、わたしは退ける。」(列王記第二23:26-27)

問題は何だったでしょうか。ヨシヤは心から悔い改めたけど、多くのユダ人たちはそうしませんでした。もちろん、あるユダ人たちは本当に悔い改めたけど、多くの人々は自分の罪を犯し続けました。その行動を隠したかもしれないけど、し続けました。そして、ヨシヤが死んだあとで、その悪はもう一度出てしまいました。

あなたはどうですか。ヨシヤのように、あなたは心から神様に仕えているでしょうか。もしくは、表面的に神様に仕えながら、この世の偶像、つまり、お金や、セックスや、力に仕えているでしょうか。

周りの人々を騙しているかもしれないけど、神様を騙すことはできません。そして、その振る舞いをし続けたら、ユダ人たちのようにその代価を支払います。

私たちを神様から離れるように導くものを捨てて、心から神様に従いましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中