ゼパニヤ書――主の日

ちょっとエレミヤ書を休憩して、ゼパニヤ書を見ます。ゼパニヤはエレミヤと同時期に生きていました。

ナホム書のように、私はゼパニヤ書を説明するためにあまり時間を使いません。なぜなら、ゼパニヤのメッセージはイザヤやエレミヤのメッセージと大体同じだから。つまり、そのメッセージは裁きのメッセージです。

ゼパニヤ書1章からそのメッセージを見ることができます。

わたしは必ず地の面から、すべてのものを取り除く。――主の御告げ――わたしは人と獣を取り除き、空の鳥と海の魚を取り除く。わたしは、悪者どもをつまずかせ、人を地の面から断ち滅ぼす。――主の御告げ――(2-3)

他の預言者たちのように、ゼパニヤはユダ人たちの偶像礼拝や(1:4-6)、澱んだ態度や(1:12)、服従や(3:1)、リーダーたちと民の不正義を責めました(3:3-4)。

だから、ゼパニヤは将来の裁きについて警告した。

主の大いなる日は近い。それは近く、非常に早く来る。聞け。主の日を。勇士も激しく叫ぶ。その日は激しい怒りの日、苦難と苦悩の日、荒廃と滅亡の日、やみと暗黒の日、雲と暗やみの日、角笛とときの声の日、城壁のある町々と高い四隅の塔が襲われる日だ。わたしは人を苦しめ、人々は盲人のように歩く。彼らは主に罪を犯したからだ。彼らの血はちりのように振りまかれ、彼らのはらわたは糞のようにまき散らされる。(1:14-17)

でも、ゼパニヤはユダだけを警告しなかった。その周りの国々を警告した(2:4-15)。なぜなら、彼らも偶像を礼拝したから。それに、彼らは、神様が選らんだ国(つまり、ユダ王国)をののしったし、脅しました。

この箇所を読むと、パウロの言葉を思い出します。

ところが、あなたは、かたくなさと悔い改めのない心のゆえに、御怒りの日、すなわち、神の正しいさばきの現われる日の御怒りを自分のために積み上げているのです。神は、ひとりひとりに、その人の行ないに従って報いをお与えになります。忍耐をもって善を行ない、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。患難と苦悩とは、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、悪を行なうすべての者の上に下り、栄光と誉れと平和は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、善を行なうすべての者の上にあります。神にはえこひいきなどはないからです。(ローマ2:5-11)

パウロはゼパニヤの時代の後で生きていたけど、その言葉は彼らの時代にふさわしいものでした。ゼパニヤの言葉はパウロのパターンに従った。ユダ人たちは先に裁かれたけど、そのあとで、異邦人は裁かれた。

なぜでしょうか。なぜなら、ユダ人たちは神様の言葉を知っていたから。他の国々はモーセの律法や、預言者の言葉を知らなかった。

そして、いつか神様は私たちをも裁きます。ゼパニヤのメッセージは私たちの時代のためにもふさわしいものです。

恥知らずの国民よ。こぞって集まれ、集まれ。昼間、吹き散らされるもみがらのように、あなたがたがならないうちに。主の燃える怒りが、まだあなたがたを襲わないうちに。主の怒りの日が、まだあなたがたを襲わないうちに。主の定めを行なうこの国のすべてのへりくだる者よ。主を尋ね求めよ。義を求めよ。柔和を求めよ。そうすれば、主の怒りの日にかくまわれるかもしれない。(2:1-3)

つまり、悔い改めてください。神様の前にへりくだって来てください。神様の道を求めてください。そうすれば、主の日に、私たちは救われるし、サタンは裁かれます。そして、イエス様は王として、この世を治めて、災いと悪はなくなります。(3:15)

その日、私たちの救いを見て喜ぶけど、主は私たちを見て喜びます。ゼパニヤはこう言いました。

あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。(3:17)

また、

その時、わたしはあなたがたを連れ帰り、その時、わたしはあなたがたを集める。わたしがあなたがたの目の前で、あなたがたの繁栄を元どおりにするとき、地のすべての民の間であなたがたに、名誉と栄誉を与えよう、と主は仰せられる。(3:20)

ゼパニヤは特にイスラエル人について話すけど、その日、私たち皆は神様と共にいます。また、この世はもう一度エデンのようになります。

その日が楽しみです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ゼパニヤ書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中