エラミヤ書8-9章ーー迷っている人々のために泣くこと

エレミヤは「泣いている預言者」と呼ばれます。この箇所で、私たちはその理由を見ます。

時々、私たちは預言者たちの裁きのメッセージを見て、彼らがそのメッセージを伝えるのが楽しいのだと思います。

でも、多分エレミヤのように、多くの預言したちがそのイスラエル人のために泣いたと思います。なぜなら、イスラエル人たちは預言者たちの警告を聞かなかったので、裁きの道を行っていました。

だから、エレミヤはこう言った。

私の悲しみはいやされず、私の心は弱り果てている。聞け。遠くの地からの私の民の娘の叫び声を。「主はシオンにおられないのか。シオンの王は、その中におられないのか」。。。「刈り入れ時は過ぎ、夏も終わった。それなのに、私たちは救われない。」私の民の娘の傷のために、私も傷つき、私は憂え、恐怖が、私を捕らえた。乳香はギルアデにないのか。医者はそこにいないのか。それなのに、なぜ、私の民の娘の傷はいやされなかったのか。。。ああ、私の頭が水であったなら、私の目が涙の泉であったなら、私は昼も夜も、私の娘、私の民の殺された者のために泣こうものを。jer 9: 2ああ、私が荒野に旅人の宿を持っていたなら、私の民を見捨てて、彼らから離れることができようものを。彼らはみな姦通者、裏切り者の集会だから。(8:18-22;9:1-2)

以前、私は言ったけど、旧約聖書の預言書を読み通すのはちょっと辛いです。なぜなら、私は何回も同じメッセージを伝えるから。つまり、神様の裁きです。

なぜ、預言者たちはいつもその裁きのメッセージを伝えたでしょうか。なぜなら、イスラエル人たちは罪を犯し続けたから。そして、彼らは新しい罪を犯すわけじゃなかった。むしろ、彼らは同じ罪を繰り返しました。彼らは自分たちの歴史から全然学ばなかった。

もし、あなたが最近私のブログを読むと、「ブルースは裁きについて書くのが大好き」だと思うかもしれない。でも、実はあまり好きじゃないです。神様の愛と恵みについて話すのは、もっと楽しいです。

でも、聖書の教師として、真実を言わなくてはならないです。そして、預言者たちのように、私の希望は人々が救われることです。

でも、正直に言うと、私は罪に迷っている人々の心がもっと必要です。エレミヤのように私は迷っている人々のためにもっと泣くべです。私は彼らのニーズを見て、彼らに手を伸ばすべきです。教会のメンバーたちはそのような心が持っていたら、どれぐらいこの世に影響を与えられるでしょうか。

神様、エレミヤの心を私に与えてください。私が罪に迷っている人々のために泣くように。あなたのように私が周りの人々を見るように。情け深い心を私に与えてください。あなたの愛と力によって、私がこの世に影響を与えるように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: エレミヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中