イザヤ書60章ーー神様の愛を反映する事

この箇所の1-3節が大好きです。

起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。(1-3)

「国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。」

「あなたの光」、「あなたの輝き」というのはどういう意味でしょうか。

一節では、「あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いている」と書いてあります。

だから、「あなたの光」というのは神様でしょうか。つまり、国々が直接主の所に来るのでしょうか。

もしくは、私たちは主を反映するので、国々は私たちの所に来るのでしょうか。

多分、どっちも正しいです。

イエス様の栄光が私たちの上に輝いているので、周りの人々は気づいて、私たちを知りたくなります。そして私たちを通して、彼らはイエス様も知りたくなります。

この世には、悪と罪がいっぱいある。だから、多くの人々は暗闇に迷って、「この世にあって望みもなく、神もない人たちでした。」(エペソ2:12)

でもイエス様がこの世に来ると、その暗闇の中にイエス様は光になりました。イエス様は希望の光でした。

今、イエス様はその希望の光を私たちの心に照らした。だから、私たちがそのもらった光をこの世に反映するように呼ばれました。

私たちの贖いと救いを喜ぶことは簡単です。でも、神様は私たちが神様の光を照らすように呼んでいます。なぜなら、神様はこの全世界が私たちがもらった喜びを知るように望むから。

イエス様はこう言った。

あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。(14-16)

主よ、私があなたの光を周りの人々に照らすように。あなたは私に救いを与えてくださった。私の罪を赦してくださった。私に希望を与えてくださった。でもたくさんの人々は救いや、赦しや、望みがないです。彼らは死にかけている。私の目を開いて下さい。私が彼らのニーズを見ることができるように。あなたのように、私が光になるように。私の周りの人々が私がもらったものを知るように。アーメン。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中