イザヤ書57章3-13節ーー希望のないものをすがること

ある日、私の友達は訊いた。「どうして、サタンは戦い続けているだろうか。彼がもう負けたと分かったのに。どうして諦めないだろうか。」

他の人々は訊きます。「どうして、サタンは悔い改めないだろうか。悔い改めることができるでしょうか。」

それは興味深い質問だけど、私はその答えが分からない。

私の意見だけど、サタンは悔い改めることができるけど、決してしない。彼はがずっと神様に反対したので、彼の心が堅すぎると思います。

でも、サタンだけではなくて、人間もそのような態度を取ります。この箇所では、私たちはそのような態度を見ます。

イスラエル人たちは神様に背を向けたから、追放された。(実はそれは預言ですけど、イザヤはイスラエル人がもう追放されたように話します。)

イスラエル人たちはずっと偶像を礼拝したけど、その礼拝の虚しさを見ても、彼らは悔い改めることを拒絶した。

イザヤはイスラエル人についてこう言いました。

あなたは、長い旅に疲れても、「あきらめた」とは言わなかった。あなたは元気を回復し、弱らなかった。あなたは、だれにおじけ、だれを恐れて、まやかしを言うのか。あなたはわたしを思い出さず、心にも留めなかった。わたしが久しく、黙っていたので、わたしを恐れないのではないか。(10-11)

10節はイザヤ書40:29-31にちょっと似ています。だけど、イザヤは40書の言葉をねじます。40書では、神様はこう言った。

主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。(40:31)

でも、この箇所では、イスラエル人たちが自分のの罪によって疲れても、また希望のない状態を見ても、彼らは「諦めた」と言わなかった。むしろ、彼らの罪をすがって、自分の元気を回復した。でも、結局彼らの罪によって彼らは滅びた。

あなたはどうですか。あなたは希望がないのに、自分の道を行き続けているでしょうか。あなたの心を堅くしないでください。あなたの道を去って、神様の道を行ってください。あなたの道は死に導きます。神様の道は命に導きます。

どの道を選ぶでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中