イザヤ書57:1-2--なぜ、義人は滅びるのか

私の父は、2011年に亡くなりました。その最後の週、私の家族は父のベッドの隣で待っていました。

実は私の心はその日のために十年間ほど準備していました。なぜなら、父の心臓は弱かったから。それに、彼は糖尿病だったし、他の健康の問題もあった。父がそんなに長く生きことは、私を驚かせました。

良かったのは、父が亡くなった時に私はハワイにいたということです。私がずっと日本に住んでいるので、私がいつも考えていたのは、ある日、姉からの電話があって、「父が亡くなったよ」と知らせられるということです。

でも、神様のタイミングと御心によって、父が亡くなった時、私はハワイにいることができました。もちろんそれは辛かった。でも、やっぱり、私はハワイにいて良かったと思う。

時々人々は「どうして私たちは死ななくてはならないだろうか」と訊きます。でも、この箇所で、神様はその答えを与えてくださいます。

義人が滅びても心に留める者はなく、誠実な人が取り去られても、心を向ける者もいない。まことに、義人はわざわいから取り去られて、平安に入り、まっすぐに歩む人は、自分の寝床で休むことができる。(1-2)

この世界は死にかけている。この世界は、罪によって堕落したから。だから、地震や、他の天災を見るだけではなくて、罪によって堕落された人々をも見ます。だから、この世の人々は壊れた。その状態で、あなたはいつまでも生きたいでしょうか。私はそうしたくないです。

私の父は悪い健康によって苦しんでいた。だからその状態のままで、父が長く生き続けることを望まなかった。神様が私の父を取ってくださったので、私は嬉しいです。

もちろん私は寂しいです。でも今、父はもっと良い所にいます。父の壊れて死にかけていた体は新しくされた。

父には平和があります。父は休んでいます。また、父はイエス様の顔を見ています。私はそのことがうらやましいと思います。

私の言葉を誤解しないでください。すぐにこの世を離れたいと思っているわけではありません。でも天国に行ったら、この世のたくさんの空しいものを慕わなくてすみます。苦しみ。痛み。罪。

そして、神様のタイミングが来たら、私は喜んで天国に行きます。

私が亡くなる時、私の墓石にこの言葉を書いてほしいです。

「ブルースのために泣かないでください。ブルースはこのお墓にいないから。」

イエス様の十字架の働きを信じる人々にとっては、死は本当にとげがないです。(第一コリント15:55)

あなたはどうですか。死のために準備しているでしょうか。

主よ。私の父が今あなたと共にいることを感謝します。だから、父の死にはとげがないです。父にもう一度会う日を、またあなたに会う日を楽しみにしています。その日が来るまで、私の人生はあなたのものです。あなたの目的のために私を用いてください。あなたを愛しています。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中