イザヤ書40章27-31--希望の力

希望。

未来に直面するとき、私たちが必要なものは希望です。希望がなければ、絶望しかありません。

このイザヤ書の箇所では、イスラエルはそう感じていた。彼らは絶望していた。彼らの人生はめちゃくちゃになって、神様が遠いと感じていた。だから、彼らは叫んでいた。

私の道は主に隠れ、私の正しい訴えは、私の神に見過ごしにされている。(27)

つまり、「神様、どこにいるのか。あなたはここにいるのか。私を愛しているのか。あなたは私を愛しているけど、私を助ける力がないのか。」

でも、神様は答えた。

あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。(28)

神様が言っているのは、「何を言うのか。もちろん私はあなたを助けることができるよ。私がすべての物を造ったか知らないのか。あなたと違って、私は決して疲れることがない。たゆむことがない。私の英知は人間の知恵よりも優っている。」ということです。

そして、神様はこの慰めの言葉を言います。

疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。(29-31)

神様はあなたに訊いている。「あなたは疲れているだろうか。私は疲れた人に力を与えるよ。あなたはもう精力がないでしょうか。あなたに活気をつけるよ。」

その力と活気を得る鍵は何でしょうか。神様を待ち望むことです。神様の憐みを思い出してください。神様の愛を思い出してください。神様があなたのために計画があることを思い出してください。

もしそのことを思い出すと、また神様を待ち望むと、何が起こっても、乗り越える力を受けます。それだけではなくて、あなたは鷲のように翼をかってあげることができる。

あなたは希望を失ったでしょうか。この箇所を暗記してください。その言葉の意味をよく考えてください。

そして、パウロが言ったように、

どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。(ローマ15:13)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中