イザヤ書36-37章;列王記第二18-19章;歴代誌第二32章6-23節ーー私たちの問題を神様に委ねること

ヒゼキヤはやっと悔い改めて神様に向かった。それでも、彼の問題はまだ消えていなかった。アッシリヤはまだエルサレムを取ろうと思っていた。

でも、ヒゼキヤはもう一度神様に信頼して、神様の約束を覚えていたから(イザヤ書38:6)、希望があった。だからヒゼキヤその民にこう言った。

強くあれ。雄々しくあれ。アッシリヤの王に、彼とともにいるすべての大軍に、恐れをなしてはならない。おびえてはならない。彼とともにいる者よりも大いなる方が私たちとともにおられるからである。彼とともにいる者は肉の腕であり、私たちとともにおられる方は、私たちの神、主、私たちを助け、私たちの戦いを戦ってくださる方である。(歴代誌第二32:7-8)

ユダ人たちはそれを聞いて励まされた。

でも、アッシリヤの王は自分の家来たちをエルサレムに遣わした。

そして、ユダ人を怖がらせるために、サタンのように、その家来は嘘と真理を混ぜました。

彼らは言った。「エジプトはあなたたちを助けることができない。他の国々は私たちの前に立つことができなかった。その国々の神は彼らを救うことができなかった。」

そのことは全部本当でした。

でも、彼らは言い続けた。「あなたの神もあなたたちを助けることができない。できても、あなたの神は私たちの味方です。実は、あなたの神は私たちをあなたたちを滅ぼすために遣わした。」

それは本当に興味深い言葉です。もちろん、部分は嘘でした。つまり、神様がユダを救うことができないことです。

でもアッシリヤ人たちは神様の預言者の言葉を聞いたかもしれない。つまり、その預言者たちはアッシリヤがユダを攻撃することを警告した。

だから、多分、アッシリヤが言ったのは、「ほら。あなたの預言者たちはあなたたちに警告したでしょう。私たちが来ることを預言したでしょう。じゃあ、私たちは来たよ。あなたたちを倒すよ。」という事です。

でも、アッシリヤ人たちは二つのことを言わなかった。

一つ目は、神様はアッシリヤの没落も預言したことです。

二つ目は、神様が警告した理由はユダ人たちが悔い改めて救われることです。

とにかく、ヒゼキヤは、その言葉を聞いてすぐに主の宮に行って祈った。そして、イザヤはもう一度ヒゼキヤを励ました。

すぐに、クシュの王とその軍隊はアッシリヤ人たちを攻撃したので、アッシリヤ人たちは立ち去らなくてはならなかった。でも去る前に、彼らはヒゼキヤに手紙を送って言いました。「戻りますよ。」

そして、もう一度その家来はアッシリヤがしたことを自慢した。

ヒゼキヤはどうしたでしょうか。彼はその手紙を主の前に広げた。そして、ヒゼキヤは祈った。

ケルビムの上に座しておられるイスラエルの神、万軍の主よ。ただ、あなただけが、地のすべての王国の神です。あなたが天と地を造られました。主よ。御耳を傾けて聞いてください。主よ。御目を開いてご覧ください。生ける神をそしるために言ってよこしたセナケリブのことばをみな聞いてください。主よ。アッシリヤの王たちが、すべての国々と、その国土とを廃墟としたのは事実です。彼らはその神々を火に投げ込みました。それらは神ではなく、人の手の細工、木や石にすぎなかったので、滅ぼすことができたのです。私たちの神、主よ。今、私たちを彼の手から救ってください。そうすれば、地のすべての王国は、あなただけが主であることを知りましょう。(イザヤ書37:16-20)

その祈りから、いくつかのことを学ぶことができると思う。

1.困る時に、主がどんな方か思い出した方が良いです。つまり、神様は天におられる神です。また、神様はこの世を治める。また、神様は創造者で、私たちを助ける力があります。

2.神様に私たちの問題を委ねた方が良いです。私たちの必要と疑いについて正直に言った方が良いです。

3.へりくだって神様の助けのために祈った方が良いです。

ヒゼキヤがそうしたから、神様は彼に聞いて救った。アッシリヤの軍隊を殺したし、その王は自分の息子たちに殺された。

あなたはどんな問題に直面しているでしょうか。神様があなたの問題よりも大きいことを思い出してください。あなたの問題を神様に委ねてください。救いのために祈ってください。そして、神様に信頼して、神様の言葉に従ってください。そうすれば、ヒゼキヤのように、神様からの救いを知ります。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 列王記第二, 大預言書, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , , パーマリンク

イザヤ書36-37章;列王記第二18-19章;歴代誌第二32章6-23節ーー私たちの問題を神様に委ねること への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 詩篇76篇ーー誉に値する神 | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中