歴代誌第二32章1-5節;列王記第二20章1-11節;イザヤ書38章ーー低くされた

以前も言ったように、このことが起こったタイミングは具体的に分かっていません。残念だけど、聖書は一つの所で具体的な説明してくれていないから、私は推測しなくてはならない。

列王記第二17-18章で、私たちが見たのは、アッシリヤの王セナケリブは北イスラエル王国を攻撃して倒したということです。そして、彼はユダを攻撃した。なぜなら、ユダは貢を払うのを止めたから。でもセナカリブ王が攻撃しようと来たら、ヒゼキヤは自分のお金と主の宮の金と銀を取って、セナカリブに支払いました。

でも、もう一度、セナカリブ王が来たので、ヒゼキヤは他の準備をしていた。ヒゼキヤとその民は武器を集めていたり、都市の壁を修理していたり、アッシリヤ人に水が流れないようにエルサレムの外にある泉の水を塞いだりしていた。

これは私自身の考えだけれど、そのことをしても、多分、ヒゼキヤはまだ自分自身だけに頼りました。エジプトの同盟は失敗したのに、まだ、神様に向かわなかった。

だから、神様はヒゼキヤを病気で打った。だから、ずっとイザヤの警告を無視していたのに、やっとヒゼキヤは主を訪ねるためにイザヤを呼んだ。そしてイザヤは来てこう言った。

主はこう仰せられます。「あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。」(列王記20:1)

ヒゼキヤはそれを聞いてどう思ったでしょうか。エルサレムは囲まれて、ヒゼキヤは死にかけていて、その時はまだ息子がいなかった。(息子マナセは三年後に生まれました。)

彼は神様を責めたかもしれない。「どうしてこんなことが起こるのでしょうか。どうして私を打っているのでしょうか。」

そして、その怒りは自己憐憫になったかもしれない。

でも結局、彼は神様の前にへりくだるようになった。

彼は自分のプライドと罪を悔い改めて、神様がヒゼキヤの良い行動を思い出すように祈った。つまり、過去、ヒゼキヤが心から主を求めたことを思い出すように祈った。そして彼は主の前に泣いた。

イザヤはもう帰り始めたけど、神様は彼を止めた。そして、ヒゼキヤのためにこのメッセージを与えた。

わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。見よ。わたしはあなたの寿命にもう十五年を加えよう。わたしはアッシリヤの王の手から、あなたとこの町を救い出し、この町を守る。(イザヤ書38:5-6)

そして、主はしるしを与えた、つまり、日時計におりた時計の影を、十度あとに戻した。どうやって神様はそうしたか分からない。神様はこの世を逆の方向に回したか、光の錯覚をしたか分からない。でも、神様は約束する通りに、ヒゼキヤを癒した。

私たちはここから何を学ぶことができるでしょうか。時々、神様は私たちが神様に注目するために私たちを低くされます。もし私たちが神様の言うことを聞かないと、私たちを愛しているから、私たちを無視しない。神様は私たちの悔い改めのために働きます。

ヒゼキヤはこう書いた。

何を私は語れましょう。主が私に語り、主みずから行なわれたのに。私は私のすべての年月、私のたましいの苦しみのために、静かに歩みます。。。ああ、私の苦しんだ苦しみは平安のためでした。あなたは、滅びの穴から、私のたましいを引き戻されました。あなたは私のすべての罪を、あなたのうしろに投げやられました。(イザヤ書38:15,17)

あなたは自分の罪によって苦しんでいるでしょうか。神様はあなたを滅ぼしたくないです。神様の希望は、あなたがへりくだるようになって、生きることです。神様の希望はあなたが神様に信頼して、あなたの人生が上手くいくことです。また、あなたが他の人々に神様に信頼することを教えることです。

ヒゼキヤはこう歌いました。

父は子らにあなたのまことについて知らせます。主は、私を救ってくださる。私たちの生きている日々の間、主の宮で琴をかなでよう。(38;19-20)

私たちが自分自身に信頼しないするように。毎日へりくだって神様に信頼しましょう。また、他の人々にそう教えましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 大預言書, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中