イザヤ書29章ーー盲人、無知な人

「どうして神様ははっきり自分自身を現さないのだろうか。私は神様が存在するかどうか知りたい。神様がいるなんて考えたくない。想像もしたくない。」

時々、信者たちも、信じない人たちもそのようなことを言います。

でも、その質問を訊きたいなら、まず、あなたに私が訊きたい質問があります。神様がそのように現れたら、あなたは本当に神様についていくでしょうか。もしくは、ただ、あなたは神様についていかない言い訳をしているでしょうか。

実は、聖書の時代、神様は自分自身をもっとはっきりして現した。それでも、多くの人々は神様についていかなかった。

例えば、素晴らしいしるしと奇跡を通して、神様はイスラエル人をエジプトから救い出した。何回も、砂漠で神様は彼らに食べ物と水を備えてくださった。また、雲の柱と火の柱はイスラエル人の宿営の中にあった。それらは神様の臨在のしるしでした。

それでも、何回もイスラエル人は神様を信頼しなかったし、神様に背いた。

そして、新約聖書の時代、神様は人間としてこの世に来て、イスラエル人に自分自身を現した。イスラエル人はずっと救い主のために祈って、やっとイエス様が来た。イエス様は奇跡を行ったし、知恵によって皆に教えた。他の人々はイエス様と議論しようと思ったけど、結局彼らは黙るようになった。

じゃあ、もちろんイスラエルの皆はイエス様についていったと思うでしょう?

いいえ。彼らはイエス様を十字架に掛けた。

このイザヤ箇所では、私たちはそのような態度を見ることができる。アリエル(つまり、エルサレム)がそのような態度があったから、イザヤは彼らを責めた。

「アリエル」という意味は「神様のライオン」と言う意味です。でもイザヤは、その名前を皮肉な方法で使います。

彼らは「私たちは神様のライオン」だと言ったのに、彼らは自分の道を行った。

イザヤはこう言った。

そこで主は仰せられた。「この民は口先で近づき、くちびるでわたしをあがめるが、その心はわたしから遠く離れている。彼らがわたしを恐れるのは、人間の命令を教え込まれてのことにすぎない。(13)

だから、神様は裁きについて警告した。まず神様はエルサレムを裁くけど、彼らのプライドが倒されたら、エルサレムの敵も裁くと警告した。

でも、イスラエル人はその警告を聞いても、彼らはその危険を見ることができなかった。なぜでしょうか。イザヤはこう言った。

主が、あなたがたの上に深い眠りの霊を注ぎ、あなたがたの目、預言者たちを閉じ、あなたがたの頭、先見者たちをおおわれたから。(10)

あなたはこう言うかもしれない。「ちょっと待って、それはフェアじゃない。神様は彼の目を閉じたのに、彼らが見ないために罰したでしょうか。それは不公平です。」

でも事実、イスラエル人は何も見たくなかった。知りたくなかった。イザヤはこう言った。

のろくなれ。驚け。目を堅くつぶって見えなくなれ。(9)

つまり、「あなたは見たくないでしょうか。真実に目を閉じたいでしょうか。いいでしょう。あなたはその真理を見ないでしょう。」

イザヤは他の比喩を与えた。神様の言葉はイスラエル人に対して封じられた書物のようになる。

だから、イスラエル人は言います。「神様の言葉はて封じられた書物だから、読まない。」

つまり、「この預言は難しすぎる。分からない。」と言います。

また、「私は読むことができないから、しょうがない。」と言います。

でも、それは言い訳だけでした。彼らは心の中で、本当に理解したくなかった。もし、本当に理解したかったら、きっとイザヤや他の預言者に訊きました。

しかし、彼らはただ「ごめん。分からない。」と言って立ち去った。

イエス様の時代、多くのイスラエル人はそのような人々でした。

イエス様は多くのたとえ話を言った。彼らはその話が好きだったけど、その意味は分からなかった。でも、説明を求めずに彼らは帰りました。

でも、イエス様の弟子たちは知りたかったから、イエス様に質問しました。そして、イエス様がそのたとえ話を説明して、彼らは理解しました。

現代でも、多くの人々はこう言います。「聖書は難しすぎる。分からない。」

でも、彼らは助けを求めずに、すぐに立ち去る。

それは自分の目を閉じることです。それは知りたくない態度です。そうすれば、神様はこう言います。「それはあなたの選択です。でも裁きの日は来ているよ。あなたはきっと裁かれます。」

あなたはどうですか。神様の心に対して、自分の目を閉じるでしょうか。あなたは神様の言葉を知りたくないでしょうか。

あなたが自分の目を閉じて、真理を知りたくないなら、神様はあなたに神様を認めさせらせない。

でも、見たいなら、また心から神様を求めるなら、神様は自分自身をあなたに現すのです。

神様はイスラエル人にそのような日について話した。

その日、耳の聞こえない者が書物のことばを聞き、目の見えない者の目が暗黒とやみから物を見る。(18)

また、

心の迷っている者は悟りを得、つぶやく者もおしえを学ぶ。(24)

私たちが盲人にならないように。無知な人にならないように。むしろ神様を求めましょう。そうすれば、私たちは本当に生きはじめるのです。

 

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中