イザヤ書26章ーー神様に信頼すると

時々、神様に信頼することは難しいです。

多くの場合、私たちが祈る時、私たちは神様の御心を求めずに、神様を私たちの意志に従わせようと思います。

「あなたに信頼します。あなたの心が行われるように」と祈らずに、神様に何かをさせようと思います。

だから、私たちが望んだように、神様がその祈りに答えないと、私たちは怒ります。

また、「神様は私を本当に愛しているだろうか」と訊きます。

でもイザヤはこう言いました。

志の堅固な者を、あなたは全き平安のうちに守られます。その人があなたに信頼しているからです。いつまでも主に信頼せよ。ヤハ、主は、とこしえの岩だから。(3-4)

「志の堅固な者。」

それはどういう意味でしょうか。

と言うのは、変化の風が吹くと、また試練が行ったり来たりすると、私たちの信仰は決して揺れない。私たちは神様に信頼続ける。私たちは神様に頼り続ける。神様は私たちが自分の人生を立てる岩です。

そうすると、私たちは全き平安のうちに守られます。

ヘブル語では、「平安」、「平安」のうちに守られます、と書いてあります。

なぜ「平安」という言葉を繰り返すでしょうか。その平和は浅くないから。弱くないから。試練が来ても、その平安はすぐに吹き飛ばされないから。

むしろ、その平安は私たちの心に根強くあるものです。何が起こっても、その平和は私たちの心を満たします。

イザヤは続きます。

義人の道は平らです。あなたは義人の道筋をならして平らにされます。(7)

つまり、私たちが神様に信頼すると、神様は私たちを導いて守ります。

箴言3:6でこう書いてあります。

あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。

でもプライドによって、自分の道を行く人に対して、イザヤはこう言いす。

主は高い所、そびえ立つ都に住む者を引き倒し、これを下して地に倒し、これを投げつけて、ちりにされる。(5)

イスラエルはずっとそのように生きました。

神様は彼らに恵みを与えたのに、彼らは罪の道を生き続けた。そして、神様は彼らを苦しめたので、彼らは神様に叫んだ。彼らが悔い改めたら、神様は彼らを赦した。

でも、もし私たちが最初から神様に信頼して、従うと、どれぐらい私たちの人生がうまくいくでしょうか。

だから、今神様に従いましょう。全てよりも神様を求めましょう。イザヤが言ったように私たちも言いましょう。

主よ。まことにあなたのさばきの道で、私たちはあなたを待ち望み、私たちのたましいは、あなたの御名、あなたの呼び名を慕います。私のたましいは、夜あなたを慕います。まことに、私の内なる霊はあなたを切に求めます。(8-9)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中