イザヤ書24章ーー裁きの理由

SFの映画で、人気のテーマは地球の破壊です。例えばマトリックスとターミネーターはそんな感じの映画です。

この箇所を読むと、地球の終わりのような感じがします。ある日、神様からの裁きが来ると預言している箇所です。

イザヤはその日についてこう言いました。

見 よ。主は地を荒れすたらせ、その面をくつがえして、その住民を散らされる。。。地は嘆き悲しみ、衰える。世界はしおれ、衰える。天も地とともにしおれ る。。。地は裂けに裂け、地はゆるぎにゆるぎ、地はよろめきによろめく。地は酔いどれのように、ふらふら、ふらつき、仮小屋のように揺り動かされる。その そむきの罪が地の上に重くのしかかり、地は倒れて、再び起き上がれない。(1、4、19-20)

どうして、そのような裁きは来なくてはならないでしょうか。イザヤは、それに答えます。

地はその住民によって汚された。彼らが「神様の」律法を犯し、定めを変え、とこしえの契約を破ったからである。(5)

イザヤは言い続けます。

それゆえ、のろいは地を食い尽くし、その地の住民は罪ある者とされる。それゆえ、地の住民は減り、わずかな者が残される。(6-7)

神様は完璧な世界を造りました。神様が人間を作った時、私たちは完璧だった。

でも、私たちは神様に背を向けて、自分の道を行って、この完璧の世界を汚した。だから、この世界はもはや神様作った美しい所じゃないです。私達の罪によって汚された。

だから、神様はすべてを取り壊して、すべてを新しくしなくてはならない。すべてを取り壊している間に、神様は人間の罪を扱わなくてはならない。そうしないと、その新しい世界はもう一度汚されます。

だから罪人を罰しなくてはならない。神様に背を向けた人々は永遠に神様の臨在から離されます。

でも、神様に属する人々は守られて、救われました。イザヤはその人々についてこう言いました。

彼らは、声を張り上げて喜び歌い、海の向こうから主の威光をたたえて叫ぶ。。。私たちは、「正しい者に誉れあれ」という地の果てからのほめ歌を聞く。(14、16)

だからこの箇所では、警告も希望もあります。

裁きが来る警告があります。

でも、神様の民が守られて、もう一度神様の賛美を歌う希望があります。

神様の警告に注意しましょう。そうすれば、神様の希望を知ることができます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中