歴代誌第二30-31章ーー悔い改めの招き

この箇所の興味深いポイントは、この時代、イスラエル王国はユダ王国とまだ仲が良くなかったことです。

イスラエルの王国はもう崩壊して、たくさんのイスラエル人は追放された。でもヒゼキヤは残ったイスラエル人たちに手を伸ばした。

ヒゼキヤはこう言った。「私たちはあなたののように神様に背を向けたから、罰された。でも今私たちは神様の所に戻ります。あなたたちも神様に立ち返りませんか。」

この箇所によって、どうやって人々を悔い改めに招くか学ぶことができます。

一つ目は、相手が私たちを傷つけていても、私たちに憐み深い心が必要なことです。私たちは彼らを赦さなくてはならないです。

ヒゼキヤの父アハズの時代では、イスラエル人はアラム人と協力して、ユダ人たちを困らせた。(イザヤ7章)

でもアッシリヤがイスラエルを倒すと、ヒゼキヤは情け深い心を持って、彼らに神様に立ち返るように招いた。

私たちもそのような心が必要です。相手が私たちを傷つけても、私たちは彼らの悔い改めと救いのために祈るべきです。

残念なことだけど、多くの場合、私たちは相手の苦しみを見て、手を伸ばさずに喜びます。そうしないでください。

二つ目は私たちのメッセージです。救いのメッセージは何ですか。

「神様に戻ってください。あなたがは神様に背を向けたからあなたの人生はめちゃくちゃになった。でも神様はあなたをまだ愛している。そして、神様の所に戻ると、神様はあなたを赦して癒します。だから悔い改めませんか。」

それは私たちのメッセージです。それは悔い改めと希望のメッセージです。

最後に、覚えていてください。私たちは人々の反応をコントロールできない。

多くのイスラエル人はヒゼキヤのメッセージを聞いて、ヒゼキヤとそのメッセンジャーたちをからかった。

しかし、あるイスラエル人は遜ってエルサレムに行って、ユダ人と一緒に過越の祭りをお祝いした。そして、その祭りの後で、そのイスラエル人たちはユダ人たちと一緒にユダの偶像礼拝の場所を打ち壊した。そのあとで、そのイスラエル人たちは自分の国に戻って、その偶像礼拝の場所も打ち壊した。

ある人々は福音のメッセージを拒絶する。でもがっかりしないでください。あなたは彼らの反応をコントロールできないから。

他の人々はそのメッセージを聞いて神様に戻ります。だから頑張って下さい。そのメッセージを伝え続けてください。

神様はイザヤにこう言った。

雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。イザヤ書55:10-11)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中