イザヤ書22章1-14節ーー穴を塞ごうとすること

時々私たちは「私の人生はめちゃくちゃになった」と思って、落ち込みます。時々私たちの結婚がダメになったり、他の人間関係がめちゃくちゃになったり、私たちの経済が大変になったりします。

だから、できるだけ私たちはその穴を塞ごうとします。でも、その穴を塞いでも、すぐにもう一つの穴が出てきます。そして、その穴を塞ぐけど、もう一つの穴が出てきます。だから、sinking+ship-300x257どうしても私たちの船は沈みます。

ユダ人はその状況に入っていました。この箇所では、アッシリヤの軍隊はエルサレムを囲まれるために来ていたから、ユダ人たちは頑張って準備していた。

彼らは武器を集めていたり、都市の壁を修理していたり、アッシリヤ人が水がないようにエルサレムの外にある泉の水を塞いだりしていた。

でも一番大きい問題を解決しなかった。それは彼らの罪です。

イザヤはこう書いた。

その日、万軍の神、主は、「泣け。悲しめ。頭を丸めて、荒布をまとえ」と呼びかけられた.(12)

つまり、アッシリヤの攻撃は神様の働きでした。なぜなら、神様はユダ人がもう一度神様に向かうように望んでいたから。ユダ人が悔い改めて、もう一度神様を礼拝するように望んでいた。

でも、彼らはその罪を犯し続けて言った。

飲めよ。食らえよ。どうせ、あすは死ぬのだから。(13)

彼らがイザヤの警告を信じず、イザヤをからかっていたか、彼らが諦めて、「どうしても死ぬ」と思ったか、私は分からない。でも結局彼らは神様に立ち返らなかったので、神様は彼らに言った。

この罪は、おまえたちが死ぬまでは決して赦されない。(14)

私たちはこの話から何を学ぶことができるでしょうか。問題を見る時に解決しようと思うのは良いことです。でも、私たちの一番大きい問題は神様に背く態度です。その態度を悔い改めないと、私たちの船に穴が出てき続けます。そして結局私たちは沈みます。

だから、自分の努力と知恵によってその穴を塞ぐことを止めましょう。むしろ、神様に向かいましょう。罪を悔い改めて、神様の道を行きましょう。そうすれば、あなたの船はもう沈まずに、新しくなって、どんな嵐に遭っても、あなたは無事に港に着きます。

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中