ミカ書1章ーー他の人々の罪についていくこと

ちょっとイザヤ書を読むことを休憩します。二つの理由があります。

一つ目はイザヤはエルサレムに対して、もうすぐ預言する。この箇所では、ミカも同じことをする。

二つ目は、聖書の経緯をキャッチアップしなくてはならないからです。

ミカとイザヤは同じ時代に預言したけど、ミカはイザヤのちょっと後に預言し始めた。イザヤはウジヤ王の時代に始めたけど、ミカはウジヤの息子ヨタム王の時代に預言を始めました。

この箇所では、北イスラエル王国はまだ立っているけど、ミカが預言したように、すぐに倒れる。彼らが偶像礼拝したので、ミカは警告した。「裁きは来る。もうすぐ、あなたの都市は全部倒れて、あなたが信頼する偶像は砕かれる。」

そして、ミカはユダに話し始めた。二つの箇所は私に印象に残る。

一つ目は9節です。

まことに、「イスラエル」の打ち傷はいやしがたく、それはユダにまで及び、わたしの民の門、エルサレムにまで達する。

そして13節です。

ラキシュに住む者よ。。。それはシオンの娘にとって罪の初めであった。イスラエルの犯したそむきの罪が、あなたのうちに見つけられたからだ。

つまり、イスラエル人は偶像礼拝をし始めて罪を犯したけど、その罪はユダにも来た。

ちょっと皮肉なことがあります。ラッキシュはユダの要塞都市の一つでした。だからラッキシュはユダを守ったはずでした。でも、ラッキシュにその霊的な隙が出てきた。そして、その霊的な隙は物理的な隙へと導いた。

ミカが預言した通りにアッシリヤユダを打ち砕いた。そして、アッシリヤはエルサレムを囲まれた。その時、やっとユダ人たちが悔い改めたので神様は彼らを救い出した。でも、それは別の話です。

罪がユダにこっそりに入ってその人々を汚したように、私たちが気を付けないと、この世の罪は私たちの心にこっそりに入って私たちを汚してしまいます。

どれぐらい、あなたはクリスチャンが罪に落ちることを見たことがあるでしょうか。たくさんのクリスチャンは姦淫を犯したり、お金を愛し始めたりします。

この世を見ると、時々罪が魅力的なものだと思う。私たちはその罪が良い物だと思って欲しがる。でも、イスラエル人とユダ人のように、その罪は私たちを荒廃に導いた。私たちの家族を荒廃し、私たちの信仰を荒廃し、私たちの人生を荒廃します。

だから、罪に対して注意しましょう。また、神様の目に聖い者になって、神様を喜ばせましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ミカ書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中