イザヤ書21:1-10–砕かれた人々のための希望

この箇所はちょっと難しいです。つまり、多くの聖書の学者によれば、この箇所はペルシア人とメディヤ人がバビロンを攻撃することを預言しているものです。でも、ほかの可能性もあります。その攻撃の150年以上前にバビロンはメディヤ人とエラム人と同盟を結んでアッシリャを攻撃した(紀元前700ぐらい)。そしてユダはそれを見て、その同盟を応援した。なぜなら、アッシリヤはユダも虐げたから。

イザヤもそれを見て、希望を持ったかもしれない。でもイザヤはこの主からの幻を見て、泣いた。なぜなら、その攻撃は失敗して、バビロンが倒れたから。(3-4)

最初にその攻撃について聞いた時、ユダ人たちは大宴会を催したけど、バビロンが倒れたニュースを聞いたら、希望がなくなって、その大宴会は急に終わりました。

でもイザヤは彼らに言った。

踏みにじられた私の民、打ち場の私の子らよ。私はイスラエルの神、万軍の主から聞いた事を、あなたがたに告げたのだ。(10)

この言葉は脱穀された穀物の絵です。最初に穀物の穂は踏まれた。そして、その穀物の種が出て、農夫はその穀物を空気中に投げた。そうすると、風によってその要らない殻が吹き飛ばされて、穀物は落ちて保存される。

そのように、神様はユダ人たちがアッシリヤ人に踏まれたけど、神様が主を愛して仕える残りの者を保護すると約束した。でも、以前ユダ人が信頼したバビロン人たちは殻のように吹き飛ばされるのです。

時々私たちは困難な時に、ユダ人のように助けを探すけど、神様に向かわない。でも結局その助けが無駄になって、私たちは砕かれるように感じる。

しかし、もう一度神様に向かって信頼すると、神様がまだ私たちのために計画があるので私たちには希望があることが分かるようになる。

あなたは砕かれたと思うでしょうか。あなたは助けを探しているけど、神様があなたの人生に何をするか無視しているでしょうか。神様はあなたを癒すことができる。まだ希望がある。もし遜って神様に向かって悔い改めると、神様はあなたを癒します。神様に信頼すると、神様の力によってあなたの人生は回復します。

主よ。あなたの赦しと憐れみを感謝します。私はよく失敗して、あなたも傷つくし、周りの人々も傷つきます。私はあなたの計画から外れるけど、あなたは私をまだ愛するし、私を諦めない。

私を赦して下さい。私はあなたに信頼せずに他のものに信頼することを赦して下さい。これから、あなたに従います。私を導いて下さい。私の王になってください。私の希望になってください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中