イザヤ20章;30章1-5;31:1-3ーー頑固

私が子供たちに聖書を教えるトレーニングを受けた時に、私の先生はこう言った。「もし子供たちにあなたの話すポイントを覚えさせたいなら、三回繰り返さなくてはならない。」

なぜなら、一回だけだと、彼らが聞いていないかもしれないし、二回繰り返せば彼らが思い出すかもしれないけど、三回繰り返すと彼の記憶に残るだろうから。(でもある子供にとっては三回でも覚えてくれないかもしれない。) 🙂

とにかく、ユダ人にとっては三回でも不十分でした。アハズ王の息子ヒゼキヤはアッシリヤを恐れたから、何回も「エジプトと同盟を結ぼう」と思った。

実は、ヒゼキヤはその在位の間、ほぼ良い王でした。でも時々彼の信仰が弱くなって失敗したこともあります。つまり、神様に信頼せずに、軍事同盟に頼りました。

何回もイザヤはヒゼキヤにそのような同盟について警告した。20章では、イザヤは裸でユダを歩き回った。(本当にすっ裸かどうか分からない。下着を履いたかもしれないけど。)

なぜでしょうか。それは神様からのしるしでした。つまり、いつかヒゼキヤが信頼していたエジプト人とクシュ人はアッシリヤの捕虜として、そのように歩かなくてはならないから。そして、エジプトとクシュに信頼していた人々も恥ずかしくなるから。

そして30章でイザヤはもう一度ヒゼキヤとユダ人に警告した。

ああ。反逆の子ら。――主の御告げ――彼らははかりごとをめぐらすが、わたしによらず、同盟を結ぶが、わたしの霊によらず、罪に罪を増し加えるばかりだ。彼らはエジプトに下って行こうとするが、わたしの指示をあおごうとしない。パロの保護のもとに身を避け、エジプトの陰に隠れようとする。(30:1-2)

そして、31章でイザヤは彼らに警告した。「エジプトはきっと倒れます。もしあなたたちがこの同盟を求め続けたいなら、ユダも倒れてしまうでしょう。」

ヒゼキヤはその警告も無視した。でも結局エジプトが「いたんだ葦の杖」のようになった時に、ヒゼキヤは必死になって、やっと神様に向かって信頼した。そして、神様はユダを救った。

どうして、ヒゼキヤはそんなに頑固だったでしょうか。

どうして、私たちはそんなに頑固になるでしょうか。

私はよくわからない。プライドかもしれない。神様が要らなくて、自分の問題を解決できると思うかもしれない。もしくは神様に信頼したら、がっかりしてしまうと思うかもしれない。

もし、最初から神様に信頼したら、私たちの人生はどれぐらい楽になるでしょうか。最初に神様の声を聞いて従ったら、どれぐらい私たちの人生は楽になるでしょうか。

頑固にならないでください。ヒゼキヤとユダ人は頑固で、ずっと自分の計画を握って、罪を犯した。私たちはそのようなことをしないでいたいものです。

むしろ、最初から、神様の警告と戒めに従いましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中