イザヤ書18章ーー神様が沈黙するとき

時々私たちはこの世の悪を見て、「神様はどこだろうか」と思います。

「どうして神様は何もしないだろうか。何かしているだろうか。神様は悪を見たら、気にならないだろうか。」

この箇所で、神様はそのような方みたいです。「あちこちで恐れられている民」また「力の強い、踏みにじる国」を見ると、神様は言った。

「静まって、わたしの所からながめよう。」(4)

でも神様はいつまでもそうしない。むしろ、ある日、

「神様」はその枝をかまで切り、そのつるを取り去り、切り除くからだ。それらはいっしょにして、山々の猛禽や野獣のために投げ捨てられ、猛禽はその上で夏を過ごし、野獣はみな、その上で冬を過ごす。(5-6)

日本語の翻訳では、「人はその枝をかまで切り。。。」と書いてありますけど、ヘブル語で「彼はその枝をかまで切り。。。」と書いてあります。その「彼」とは神様です。

つまり、今神様が何もしていないと思うけど、結局神様がこの世界を裁きます。その悪い民を裁いたし、神様とその民に反対する人々を裁きます。

でも興味深い所もあります。神様はその敵が悔い改めるように働いています。7節によると、神様とその民に反対して恐れられた人々は、神様を王として従うし、贈り物をささげる。

だから、ペテロの言葉を思い出す事が大切だと思います。ペテロはこう書いた。

主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。(第二ペテロ3:9-10)

神様の御心はすべての人々が滅びることではなく、むしろ救われることです。ある日、悔い改めない人々は裁かれます。でも神様は彼らの悔い改めのために待っているので、その日を伸ばしています。

神様の人々としてどうやって私たちは反応するべきでしょうか。周りの人々の救いのために祈りましょう。彼らが私たちを憎んでも、彼らが私たちが見つけたキリストにあって命を見つけるように祈りましょう。神様の子供としてそうするべきじゃないでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中