イザヤ書15-16章ーー兄弟のための思いやり

兄弟の憎しみは他の憎みよりも大変なことです。なぜなら、私たちは自分の兄弟からもっと期待するものだからです。

モアブ人はイスラエル人ともっと親しい関係があるべきでしたが、全然親しくなかった。彼らの先祖はアブラハムとロトでした。アブラハムはロトのおじさんでした。そして、アブラハムの子孫たちはイスラエル人で、ロトの子孫はモアブ人でした。

でも、その二つの国の関係は大部分において悪いものでした。

そして、この箇所で神様はモアブを裁いた。でもイザヤのモアブへの裁きに対する反応は、他の国々の裁きに対する反応と違いました。

イザヤは言った。

わたしの心はモアブのために叫ぶ。。。それゆえ、わたしのはらわたはモアブのために、わたしの内臓はキル・ヘレスのために立琴のようにわななく。(15:5;16:11)

どうしてイザヤは、イスラエルとユダの敵のために泣いていたでしょうか。多分彼らは兄弟のはずだったから。だからモアブはユダやイスラエルと仲良くないのに、イザヤはまだその人々を愛していた。

イザヤはモアブ人に、「保護のためにユダに行ってください」と言いました。

そして、ユダ人にイザヤは言った。「モアブ人を受け入れて、保護してください。」

また、イザヤはモアブ人を慰めようとした。彼は言った。「しいたげる者(アッシリヤ人)は死にます。もしあなたがユダに行ったら、あなたは安全と正義を見つけることになるでしょう。」(16:1-4)

そしてイザヤは言った。

一つの王座が恵みによって堅く立てられ、さばきをなし、公正を求め、正義をすみやかに行なう者が、ダビデの天幕で、真実をもって、そこにすわる。(16:5)

つまり、彼らは一つの希望しかなかった。それは、将来のエルサレムを治める救い主です。

残念なことだけど、モアブ人はイザヤの言葉を無視した。だからイザヤは彼らに言った。

雇い人の年期のように、三年のうちに、モアブの栄光は、そのおびただしい群衆とともに軽んじられ、残りの者もしばらくすれば、力がなくなる。(16:14)

この箇所を読むと、私たちを憎む人々に対する思いやりの必要を思い出します。

時々親友は私たちを裏切る。でも彼らが苦しむ時、私たちは喜ぶべきじゃないです。むしろ私たちは彼らのために祈るべきです。そしてイザヤのように、私たちは彼らに「イエス様に向かってください」と願うべきです。また、彼らのただ一つの希望はイエス様にある事を伝えるべきです。

あなたはどうですか。あなたを憎む人々が苦しむ時にあなたは喜ぶでしょうか。もしくは泣くでしょうか。

「彼らが苦しんで良かった」と言いますか。もしくは彼らの癒しのために祈るでしょうか。

イエス様は私たちに教えた。

自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。(マタイ5:44)

イエス様にとってはそれは言葉だけじゃなかった。イエス様はその言葉に従った。十字架で死にかけているときにも、イエス様は自分の敵のために祈った。

その愛によって、イエス様を信じる私たちは救われた。

私たちも、その受けた憐れみを、私たちを傷ついた人々に与えるように。

 

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中