イザヤ10章20ー34節 ーー 主に信頼する人々に

私はこの箇所が大好きです。神様はアッシリヤを裁いた後、イスラエル人にこう言った。

その日になると、イスラエルの残りの者、ヤコブの家ののがれた者は、もう再び、自分を打つ者(つまり、アッシリヤ人)にたよらず、イスラエルの聖なる方、主に、まことをもって、たよる。。。それゆえ、万軍の神、主は、こう仰せられる。「シオンに住むわたしの民よ。アッシリヤを恐れるな。彼がむちであなたを打ち、エジプトがしたように杖をあなたに振り上げても。もうしばらくすれば、憤りは終わり、わたしの怒りが彼らを滅ぼしてしまうから。。。その日になると、彼の重荷はあなたの肩から、彼のくびきはあなたの首から除かれる。くびきはあなたの肩からもぎ取られる。」(20、24ー25、27)

これを読むと、私達の人生について考えます。以前私達は私達を打った者に頼った。つまり、サタンは私たちに幸せと満足を与えると約束したけど、結局私達のすべてを盗んだ。サタンは私達を打ったので、私達は自分の罪と情欲の奴隷になりました。

でも、もし私たちがサタンの嘘を信じずに、むしろ主に頼ると、私たちの罪と罪悪感と恥の重荷は持ち上げられて軽くされ、私たちは自由にされます。

そして、ある日、神様がアッシリヤ人を裁いたように、神様はサタンも裁きます。サタンはそれを知っている。だから、サタンは私達に向かってこぶしを振り上げる。(32)

でも神様はサタンを木のように切り落として、サタンが低くされる。

だから、サタンの嘘を拒絶して信頼しないでください。サタンはいろんな約束をするけど、その約束は虚しいものです。サタンは私達を脅すかもしれないけど、私達が神様に信頼すると、サタンは私達に対して力がないです。

むしろ、主に頼りましょう。なぜなら、主は私達を愛し、癒やしたいし、新しい人生を与えたいから。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中