イザヤ書3章1-7節ーー解決方法を知らない

選挙の時に、多くの政治家はたくさんの約束をします。彼らは社会の問題について話して、「私に投票すれば、全ては変わる」と約束します。

でも多くの場合、何も変わらない。

もし、ある政治家が「私は解決方法を全然知らない。私に投票しないでください。他の政治家に投票しないでください。なぜなら、誰も解決方法を知らないから。」と言ったら、人々はどう反応するでしょうか。

多分人々はその人に投票しないでしょう。一方では、彼がほかの政治家よりも、正直だと思います。しかし他方では、自分の無能を認める人に投票するのは難しいです。

でも、ユダとイスラエルに神様はそのような状況を起こらせた。列王記にイスラエルが国としてどのぐらい速く崩れたか、後で私たちは見ます。でも、この箇所では、神様はユダに話しています。

ユダ人が神様に背を向けたので、神様は彼らに警告した。「私はあなたの食糧と給水を取り除く。それだけではなく、あなたのリーダたちと助言者たちを取り除く。その人々の代わりに私は解決法をよく知らない若者をあなたに与える。」

そのとき、人が父の家で、自分の兄弟をとらえて言う。「あなたは着る物を持っている。私たちの首領になってくれ。この乱れた世を、あなたの手で治めてくれ。」その日、彼は声を張り上げて言う。「私は医者にはなれない。私の家にはパンもなく、着る物もない。私を民の首領にはしてくれるな。」(6-7)

つまり、ユダ人は必死で、だれかが他の人々よりもちょっとお金があったらその人をリーダーにしようとする。

でもその人はこう答える。「私は解決法をよく知らない。私はうまく家族を世話することができない。なのにどうして、私はこの国をリードできるだろうか。」

この社会の問題の解決法を見つけるために、私たちはどこを捜しているでしょうか。政治家を求めるでしょうか。彼らは解決法を知らない。歴史を見ればそれが分かります。なぜなら多くの政治家は、神様とその道をよく知らないから。

イスラエル人はそのような人々でした。彼らが神様から逃げたから、すぐに彼らの希望はなくなった。そして彼らが神様から離れたから、だれも彼らの問題の解決法をよく知らなかった。

もし社会の問題の解決法を見つけたいなら、希望を与える神様を求めなくてはならない。神様とその道に従わなくてはならない。そうしないと解決法を見つけられない。なぜなら神様から離れたら解決法がないですから。

有名なクリスチャン、チャールズ・コルソンはこう言った。

希望はどこでしょうか。私は社会の腐敗によって落ち込んでいる人に何度も会います。私たちが持っている希望は政治家ではありません。私たちの希望は新しい法律から得ることはできません。私たちの希望はこの国の実績から来るものではありません。私たちが持っている希望は人々の心の中に働いている神様の力です。それがこの国の希望です。それが私たちの人生の希望です。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: イザヤ書, 大預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中