アモス書1-2–裁きの時間

アモス1章1節によるとアモスはホセアとヨナとイサヤの時代に生きていました。また、イスラエルの王ヤロブアム2世とユダの王ウジヤの時代に預言した。

以前言ったように、その二つの国は繁栄していたけど、霊的には貧しい状態でした。特にイスラエルはそうでした。だから、神様はアモスという羊飼いをイスラエルとユダに対する預言者として呼んだ。でも、アモスは主にイスラエルに対する預言者でした。

この箇所では、アモスは本当に厳しいことを言った。ある牧師はいつも地獄と裁きについて話します。アモスもそのような説教を言っていました。彼は言った。

主はシオンから叫び、エルサレムから声を出される。羊飼いの牧場はかわき、カルメルの頂は枯れる。(2)

最初に、アモスはイスラエルの隣の国に対して神様の裁きについて伝えた。そして、ユダとイスラエルに対する裁きについて話しました。

最初の裁きはダマスコに対するものでした。アラム人がイスラエルを攻撃したから、アモスは神様がその王を取り除いて、その民が捕らえられて移されると預言した。(列王記第二16:9でその預言は成就された。)

そして、アモスはペリシテ人に対して預言した。なぜなら、彼らは奴隷売買していたから。歴代誌第二26章6節でウジヤはペリシテ人と戦って、その預言の部分が成就された。

次はツロに対する裁きです。なぜなら、彼らはイスラエルとの同盟を守らずに、イスラエル人を捕囚の民としてエドムに引き渡したから。

次に、神様はエドムを裁いた。エドム人はイスラエルの兄弟のようでした。なぜなら、エドム人の先祖はエサウでしたから。エサウはイスラエルの先祖ヤコブの兄弟でした。そして、一度エサウがヤコブを殺そうと思ったように、エドム人は自分の怒りに負けて、イスラエル人を殺そうと思った。

そして、神様はアモン人を裁いた。彼らは自分の領土を広げるためにいろんな酷いことをしていた。

また、神様はモアブ人を裁いた。なぜなら、彼らはエドムの王を殺して、その骨を焼いていたから。

次に、アモスはユダに対して預言した。なぜなら、彼らは神様の律法を無視して、偽物の神々を礼拝していたから。ユダの王ウジヤが神様に従ったのに、その民はウジヤの例に従わなかったらしいです。(列王記第二15:4)

最後に、アモスはイスラエル人に向かって、神様の裁きを伝えた。彼らは偶像を礼拝したらり、弱い人々に踏みにじったし、貧しい人々に正義を与えなかった。それに、彼らは神様のために聖別した人々(ナジル人)にその約束を破らせたし、預言者たちを黙らせた。

だから、アモスは神様の裁きが来ると警告した。

やれやれ。この箇所を読むと、ちょっとしんどいでしょうね。

私たちは何を学ぶことができますか。二つのことです。

一つは神様の目から何も隠れていないことです。神様はすべてを見ることができる。

二つ目のは、罪のために裁きの日が来る。あなたは神様が私たちの罪が気づかないと思うかもしれない。神様が私たちの罪を気にしないと思うかもしれない。でも、神様は私たちの罪に気づいて、気にしています。だから、神様は私たちに警告する。

それがアモスの目的でした。アモスはその人々に対する裁きについて喜んでいなかった。むしろ、アモスは彼らが悔い改めることを望みました。

だから、私たちが自分に訊かなくてはならないのは、「神様の警告を聞いて、私は何をするだろうか」ということです。私たちが悔い改めると、神様は私たちを赦します。でも、イスラエル人のようにその警告を無視すると、裁きが来る。

神様が愛で、私たちの罪を裁かないと思わないでください。そうすれば自分自身を騙すことになります。神様は正義の神です。神様は罪を裁かなくてはならないです。だから、神様の警告を聞いて、悔い改めましょう。そうすれば、神様の赦しを知るし、祝福されます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: アモス書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中