ホセア書14章ーー悔い改め

悔い改め。

教会ではその言葉をよく聞くかもしれないけど、教会の外でほとんど聞くことがありません。でも、悔い改めとは何でしょうか。ホセアはこの箇所で教えます。彼はイスラエル人に言った。

イスラエルよ。あなたの神、主に立ち返れ。あなたの不義がつまずきのもとであったからだ。あなたがたはことばを用意して、主に立ち返り、そして言え。「すべての不義を赦して、良いものを受け入れてください。私たちはくちびるの果実をささげます。アッシリヤは私たちを救えません。私たちはもう、馬にも乗らず、自分たちの手で造った物に『私たちの神』とは言いません。みなしごが愛されるのはあなたによってだけです。」(1-3)

悔い改めというのはどういう意味でしょうか。悔い改めは神様に立ち返ることです。自分の道を去って、神様にもう一度従うことです。また自分の罪を告白して、神様の赦しのために祈ることです。また、私たちが追いかけたものを捨てて、私たちが神様が必要だと認めることです。また、悔い改めは神様の憐みを頼むことです。

そうすれば、神様はどう反応するでしょうか。

わたしは彼らの背信をいやし、喜んでこれを愛する。わたしの怒りは彼らを離れ去ったからだ。わたしはイスラエルには露のようになる。彼はゆりのように花咲き、ポプラのように根を張る。その若枝は伸び、その美しさはオリーブの木のように、そのかおりはレバノンのようになる。彼らは帰って来て、その陰に住み、穀物のように生き返り、ぶどうの木のように芽をふき、その名声はレバノンのぶどう酒のようになる。エフライムよ。もう、わたしは偶像と何のかかわりもない。わたしが答え、わたしが世話をする。わたしは緑のもみの木のようだ。あなたはわたしから実を得るのだ。(4-8)

つまり、神様が私たちを赦すと、私たちは神様の愛をもう一度知るようになります。罪によって涸れた私たちの人生の部分がもう一度強くなって、私たちは祝福されるし、私たちの周りの人々も祝福される。

それなら、どうして私たちはそもそも神様から逃げるでしょうか。

神様もそう尋ねるかもしれない。だから神様は言った。

知恵ある者はだれか。その人はこれらのことを悟るがよい。悟りある者はだれか。その人はそれらを知るがよい。主の道は平らだ。正しい者はこれを歩み、そむく者はこれにつまずく。(9)

私たちが知恵を持って私たちの罪を悔い改めるように。でもそれよりも、私たちが知恵を持って、神様の隠れ場から決して離れないように。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ホセア書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中