ホセア書9章ーー神様に聞かないと

この箇所を読むと、7-8節は私の心に印象を与える。

ホセアはこう書いた。

刑罰の日が来た。報復の日が来た。イスラエルは知るがよい。預言者は愚か者、霊の人は狂った者だ。これはあなたのひどい不義のため、ひどい憎しみのためである。エフライムの見張り人は、私の神とともにある。しかし、預言者は、すべての道にしかけるわなだ。彼の神の家には憎しみがある。(7-8)

ホセアの時代には、悪が多くて、人々は預言者と聖人を愚か者とみなした。だから、イスラエル人は預言者の警告と注意を大体無視した。それに、その預言者たちを黙らせるために、イスラエル人は彼らを迫害した。

だから刑罰の日が来た。また報復の日が来た。

ホセアは、その時代をギブアの時代と比べた。ギブアの話はイスラエルの歴史の中において本当に酷い話でした。彼らの堕落はソドムとゴモラの堕落に似ていた。

だから、ホセアは言った。「もし、あなたがたが神様の言葉を無視し続けると、ギブアのようになる。ソドムとゴモラのようになる。」

残念なことだけど、イスラエル人はホセアの言うことを聞かずに、結局裁きが来た。

神様は私たちの世界を見ると何を思っているでしょうか。ホセアの言葉は私たちの文化のためにも適切ですから。

神様の言葉を忠実に述べ伝える方は愚か者としてからかわれる。ある国では、クリスチャンは殺される。アメリカでも、クリスチャンたちは頑迷と呼ばれて、汚名を着せられる。

そして、だんだん、この世界の道徳は悪くなって、ソドムとゴモラのようになっています。

神様はそれを永遠に我慢できない。もし、私たちが悔い改めないと、ギブアやソドムとゴモラやイスラエルやダのように、裁きが来る。神様に聞かないと、それは当然です。

そして、以前言ったように、もし神様の祭司たち私たちが神様に聞かないと、この世界は希望があるでしょうか。希望はないと思う。

だから、神様の祭司たちとして、神様の言葉を無視せずに聞いて、従いましょう。この世界の価値観を受け入れないでください。むしろ、神様に従って、神様の力によって、その文の価値観を変えましょう。

神様、この世界は地獄に行っています。でも、私が自分自身を見ると、私があなたに聞かない時があります。赦して下さい。私の耳を開いて下さい。あなたに従う心を与えてください。私の人生に変化を起こしてしてください。私があなたのようになるように助けてください。私を通して、私の周りの人々に影響を与えるように。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ホセア書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中