ホセア書ーー私たちを追いかける神

聖書の中に、これは本当に不思議な話です。

神様は預言者ホセアに「姦淫の女」と結婚するようにと命令した。彼女が売春婦かどうか分からないけど、ホセアはその人と結婚した時に、きっと彼女が将来、不倫することを知っていた。

この話が起こった時、ヤロブアム二世はまだイスラエルの王だったし、ウジヤ(つまり、アザルヤ――彼は二つの名前があった)はユダの王でした。ホセアは大体イスラエルに神様のメッセージを伝えたけど、時々、ユダにも伝えた。

以前言ったように、その時、イスラエルは繁栄していたが、本当に霊的な問題があった。イスラエル人はバアルを礼拝していたし、神様に対して不実でした。だから、ホセアの結婚を通して神様はイスラエルにメッセージを伝えたかった。

ホセアはゴメルという人と結婚した。そして、彼女が息子を生んだ時に、神様はその子をイズレエルと名づけるように命令した。なぜなら、エフー王が神様の言葉に従って、イズレエルという所でアハブ王の家族を殺したけど、結局エフーがやりすぎたから。そのために神様はエフーの家族とイスラエルを裁くと言っていた。(1:4)

そのあとで、ゴメルが二回赤ちゃんを産んだけど、聖書では、その二人がホセアの子供たちだと全然書いていない。(多分、イズレエルは本当にホセアの子だった。)つまり、ゴメルは不倫をして、他の人たちの赤ちゃんを産んだ。一人を「ロ・ルハマ」と名づけた。その意味は「愛していない」です。その次の赤ちゃんを「ロ・アミ」と名付けた。その意味は「私の民じゃない」。

その絵は本当に分かりやすかった。ホセアはその二人を愛するのが本当に難しかったと思う。また、もちろん「この二人の赤ちゃんは私の子供だ」と全然言えなかった。

そのように、イスラエルが神様に対して不実だったから、神様はイスラエル人に関して「私の愛している民」と言えなかったし、「私の子供たち」と全然言えなかった。

むしろ、彼らを拒絶して、イスラエルが国として倒れると警告した。

それでも、その罰は永遠に続かないことを約束した。むしろ、いつか神様は彼らを回復させて、もう一度「私の民、私の子」と呼ぶように約束した。(1:10-11)

しかし、2章に、神様はイスラエル人を不実な心のために責めた。彼らは、もらった祝福が拝んでいた神々から来ずに本当の神様から来たことが分からなかった。だから、神様は彼らの祝福を止めて、彼らのすべての良い物を取ってしまうと言った。彼らは喜びと幸せを求めても、見つけられないようになる。むしろ、恥だけを見つける。その時、彼らの状態は本当に大変になって、神様に帰る選択しかなくなる。

でも驚くのは、彼らが不実でも、神様は彼らを追い続けることです。神様は言いました。

それゆえ、見よ、わたしは彼女をくどいて荒野に連れて行き、優しく彼女に語ろう。わたしはその所を彼女のためにぶどう畑にし、アコルの谷を望みの門としよう。彼女が若かった日のように、彼女がエジプトの国から上って来たときのように、彼女はその所で答えよう。その日、――主の御告げ――あなたはわたしを『私の夫』と呼び、もう、わたしを『私のバアル』とは呼ぶまい。。。

わたしはあなたと永遠に契りを結ぶ。正義と公義と、恵みとあわれみをもって、契りを結ぶ。わたしは真実をもってあなたと契りを結ぶ。このとき、あなたは主を知ろう。。。

「愛されない者」を愛し、「わたしの民でない者」を、「あなたはわたしの民」と言う。彼は「あなたは私の神」と言おう。(2:14-16、19-20,23)

イスラエル人がその言葉を理解して思い出すために、神様はホセアに言った。「あなたの妻をもう一度愛しなさい。ゴメルは他の人の奴隷になったけど、その人から彼女を買いなさい。もう一度ゴメルをあなたの妻として受け入れなさい。」

私たちはこの話から何を学ぶことができますか。私たちが神様からどんなに遠く離れても、神様は私たちをまだ愛して、追いかけています。神様は私たちを懲らしめるかもしれない。私たちの罪のために、神様は私たちの人生に大変な状況を許すかもしれない。でも、神様の目的は私たちを回復することです。神様の全ての行動は愛と忠実から来る。

だから、ホセアがゴメルに言ったように、私たちはもうこの世界を愛せずに、霊的な売春婦にならないように。神様に戻って、忠実になりましょう。なぜなら、神様は私たちに忠実で、キリストの十字架の働きによって私たちを贖ったから。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ホセア書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , , パーマリンク

ホセア書ーー私たちを追いかける神 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ルカ15:1-10--失われた人を捜して救うこと | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中