列王記第二15章1-7節;歴代誌第二26章ーープライドは私たちをどこに導くか

父が父なら子も子。それはアマツヤとその子アザルヤの話です。彼らはうまく始まったけど、結局プライドによって倒れました。

アザルヤの場合、ゼカリヤ(預言者ザカリヤとは別人)とはアザルヤに主を恐れることを教えていた。だから、アザルヤが若い時から主を求めて、神様は彼を栄えさせた。 (歴代誌第二26章5節)

彼はたくさんの敵と戦って打ち倒した。彼は本当に強い軍隊があって、強い王になった。でも、歴代誌26章16節でこう書いてあります。

しかし、彼が強くなると、彼の心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。

列王記によると、アザルヤはツァラアト(つまり、皮膚病、ハンセン病みたいなもの)にかかった。でも、歴代誌では、その理由を説明します。神様の律法によると、祭司達だけが香の壇の上で香をたくことができた。でも、プライドによって、アザルヤは自分で香をたこうと思った。

多分彼は思った。「私は良い王です。私も神様を愛しているよ。どうして私は香をたくことができないだろうか。」

祭司たちは彼を注意したけど、アザルヤは全然聞かなった。むしろ、彼は本当に怒りました。でも、その時突然、彼の額にツァラアトが現われた。 アザルヤはそれを見て、早く神殿を出て帰りました。だから死ぬまで、彼はその病気で苦しんでいた。それだけではなくて、彼の王位を息子ヨタムに譲りました。そしてその病気のために、アザルヤは決して神殿に入ることができなかったし、家族から離れて、別の家に住まなくてはならなかった。

ソロモンはこう書きました。

高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ。(箴言16:18)

アザルヤはそう学びましたけど、彼の人生はもうだめになってしまった。

あなたはどうですか。あなたのプライドはあなたを治めるでしょうか。そうだったら、あなたのプライドはあなたが建てたものを崩します。あなたの人間関係やあなたの評判を崩してしまう。

でも、私たちがへりくだって、神様に従うと、祝福されます。

ヤコブはこう書いた。

神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。(ヤコブ4:6)

私たちのブライドが私たちの人生を崩す前に、そのプライドを崩しましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中